[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

大人になると「こうである!」と言い切るのが難しくなったなと感じる私ですが、
今日は「私はこうである!」ということを敢えて書いてみます。

1)放射能の話

謎が多いのに、調べれば人によって言うことが違う。
結局何を信じていいかわからない。
一生懸命勉強しようとおもっても、数字が出てくるとちんぷんかんぷんになったりして。
様々な情報に埋もれつつ、わたしはこのサイトの情報を信頼しました。

ドクター苫米地のブログ
3/18「放射線と放射性物質の概念を混同して国民の不安をメディアは煽らないで欲しい
田口ランディのブログ
3/19「最悪のシナリオ」という脅しにだまされないために。

これらを読んで、東京で心配し過ぎるのはやめようと思いました。

大前研一氏のウェブビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=8GqwgVy9iN0
とてもわかりやすく震災について、原発の状況について、解説している
そして将来のビジョンが具体的に述べられていて
これをみていたら大前さんに国をリードしてもらいたいと思った。

全く違った観点から参考になったのは
陰陽五行を研究する歯科医のだるまん先生のブログ
3/18「変化の時」 http://ameblo.jp/daru-man/entry-10833816446.html
精神的にどうあることが可能か。という観点から、
陰陽五行的に放射能に対する見方を斬新に説いている。
荒唐無稽と思われる人もいるでしょうが、わたしは腹の底で納得しました。


2)電力供給について

原子力発電には反対です。
今まではよくわからなかったけどもうはっきり反対します。
節電と自然エネルギーをつかった発電にできるだけ速やかに移行希望!

原子力発電を使用しなければ日本の電力供給は無理だとは言わせない。
というか、そこを何とか工夫していくべき!(あ、いっちゃった「べき」って!)

節電賛成。
電気いままで使いすぎ!節電し続けよう!


---------
被ばくすると放射線が遺伝子に傷をつけるわけですが、
遺伝子が傷つくと、遺伝子修復酵素というのが出てきて修復するそうです。
それでも間に合わなくてヘンな細胞になっちゃったら、免疫機能が働いてそれを食べちゃう。
この働きは日常レベルの被ばくでも行われています。

この人間に備わる機能が健全に働くために、
邪魔をしたくないと思います。

つまり、どんな状況であれ、自分で自分の機能の邪魔をしないで
いようと思います。

ストレスを自分にあたえ続けない。
笑う。
眠る。
あたたかくする。
思い詰めない。 という方針。

(そういったことが現状できない被災者の方のことを思って
胸が苦しくなる。でも、それを祈りに変える。自分を責めない。
できることを積極的にする、できるといいと思う・・・。)

心に被災地への思いを抱えながら、
できるだけ普通に生活することが可能かどうか。

人生においてのチャレンジだと思って取り組みます!
(お、言いきった!)

 

これまで3/23までに参考にしたサイト
こんばんは。

いやいや、日本はたいへんなことになっております。
みなさんのご無事であること、生活を営むに支障なきことを
お祈りしつつ。

さて、レインボーラボは、この度の地震によるストレスを感じている方へ
バッチフラワーレメディの無料セッションを行います。

1)バッチ・フラワーレメディの対面セッション(無料:ボトル代はお支払い頂きます)

バッチ・フラワーレメディは、心がネガティブに傾いた時の
気持ちのバランスを回復する植物のパワーのある水です。

気持ちが落ち着かない、恐怖や不安が大きい、
などの、今回の地震によるストレスを感じている方を対象とします。

17日(木)9時~16時まで 
18日(金)9時~16時まで
19日(土)9時~15時まで
20日(日)13時~16時まで

上記の時間で、ご予約を承ります。<予約制>

約1時間ほどお話を伺い、気持ちを穏やかにするレメディをお持ち帰り頂きます。
レメディを入れるトリートメントボトルをお持ちでない方は
瓶代500円のみお支払い頂きます。
(お持ちの方は煮沸消毒したボトルをお持ちください)

ご予約:rainbow.yasuda@gmail.com
・タイトルに「バッチフラワー」とご記入ください
・ご希望日にち(第一希望、第二希望まで)
・希望時間(余裕をもって)
・氏名
・連絡先 を書いてメールでお申し込みください。

場所:都営浅草線、東急大井町線 中延駅より徒歩7分
予約承った方にはこちらの詳しい地図をお送りいたします。


2)バッチ・フラワーレメディを選ぶメールセッション

1日数名ずつになると思いますが、メールによるバッチフラワーのセッションを受け付けます。
3月末日まで。

どんなストレスを感じ、どのような気持ちでいるかを、
メールで聞かせて頂き、どんなレメディが合うかアドヴァイス致します。
レメディはインターネットや店頭でご購入ください。
<予約制>
タイトルに「メールセッション希望」と明記してメールでお申し込みください。
予約可能かどうかをご返信します
ご予約:rainbow.yasuda@gmail.com

*********以上

アレクサンダー・テクニークのレッスンは通常通り行っております。
こちらも窮屈になった身体にはいいです。




地震でストレスを受けた方へ、バッチ・フラワーの無料セッションを行います。
こんにちは。

この数日間のお天気はドラマチックでしたね。
これが春を産むんだなと思いました。

私は2月の13日が誕生日でした。
生まれた日は大雪だったそうです。(毎年言ってるかも)

今年は13日が晴天で14日が大雪でしたね。

東京では雪が降るとわくわくします
きっと、雪国の人は大変なのでしょうが、
のんきなものです。

さて、安田ツヨシはこの六年間、若者に交じって医大に学び、
2月12日~14日の3日間は医師国家試験でした。
長いような短いような6年間の総括となる試験なんですね。

傍で見ていて、こんなに勉強しなきゃお医者さんになれないのか
と言うほどたくさんの本を読んで勉強していてビックリ。

ツヨシは勉強が大好きな人ですが、
それにしても、へとへとになって勉強していました。

今年の試験はかなり難しかったそうです。
受からなかったらどうしようなんて呟いていましたが、
そうしたら一年みっちりレインボーラボではたらいてもらいます。(笑)

試験が終わったので、
記念に(?)夫婦でワークショップを計画しております。

アレクサンダーテクニークにするか、はたまたレインボーアカデミーか、
近々発表いたします。

リクエストがある方はお早めにメールください。
叶うか叶わないかはわかなないです。

ツヨシを応援して下さったたくさんのみなさん
心からありがとうの気持ちをお送りします!
ツヨシの試験が終わり
今日二つ目のブログです。

昨年、、、、と書くと、ああもう一年がたったのかー!と思うんですけれども、
ちょうど1月に、アレクサンダー教師仲間であり、リーディングの才を持つ
オカナオさん

  Studio Saltia オカナオさんのページ

による、「ナチュラルリーディング」というリーディングを受けたんですね。

  / / /
 詳細は2010年2月↓こちらの日記をご参照ください
 http://rainbowlabo.blog.shinobi.jp/Date/201002/
 「お花ですかっ?」の巻
 「リゾートですかっ?」の巻
  / / /

それで、一年たってどんな様子か聞かせてください。
よろしければ、ミニリーディングします。
というお手紙を頂き、振り返ってみています。


まず、「一年たって、振り返ってどうですか?」

という問いかけを頂くのはとってもいいなあと思います。
あの時、から今までの年月を振り返ると、
その時のリーディングの意味もまた新しく感じられる気がする。

今の自分が、
「お花とお話をしましょう」とアドヴァイスされたことを振り返ると、
それから、お花を飾ることをした時期があり、
その後、重い腰をふとあげて、永田農法にチャレンジして
身近で植物の成長する様子を見ながら、
それをいただくという、小さいけれども、
見ごたえと歯ごたえのある体験をしました。
この間も「食べごろ」についてブログに書いたところです。

レメディの効果もよくわかったし、
「命」ということに対して、重く閉じていた雨戸を開けられたような
気がします。

私はとても怖いんですね。
生きていることが怖いのか、
虫が怖いのか、
なんだかよくわからないけれども、
とても臆病なのですね。

でも、植物の迷いのない成長をみていて、
私にもそんな力があるのだから、
怖いからといって、閉じこめていずに
開いてみようかという気持ちになりました。

もちろん、すぐにあさりのベロのようにちょろっと隠れるんだけど。
ハハハ。

次のセッションは
「サンタクロースがたくさんプレゼントをもって正面から駆けてくるけど、なかなかつかない」
という面白いリーディングでした。
それで、いろいろ直感した結果、

サンタクロースはサンタ・フェだと思ったのです。

それで、夏に思いきって「サンタ・フェ」で行われる
アレクサンダーアライアンスのリトリートに参加したのでした。

この旅では、タロットリーディングをするちかさんと会って、
みてもらったんです。

そうしたら、
「なんだか、こそこそしていませんか。」と言われました。

「あたり!!!!」と思いました。

そうなんです。私、自分を出すのが怖くてこそこそしているんです。
その割に、かくれられなくてへんなとこ見せてる気がする。
とかいって、

「こそこそしなければ、みんなのために光り輝きます」
みたいなことを言ってもらって、

これまた、オカナオさんのリーディングとつながったな
なんて思っておりました。

また、その時は「感じとしてリゾート。夏休み気分でいてみましょう」
ということだったので、
貧乏性の私は「えええ?リゾート?」なんて思いましたが、
夏休み、たっぷり休んだからよかったかもしれないな。

さて、現状は、あの時から重いシャッターを少しずつ
開いては閉じ開いては閉じしている気がする。
きっと開くきっかけをもらったんだと思う。

今は、怖がりな自分と、開いた時の自分が信用できない
というジレンマに会いながらも、なんとか生きてます。

またよろしくお願いします。

(手紙になってる・・・・)

ヨウコ
ナチュラルリーディングをして一年
さて、先週のブルース・ファートマンウィークの後、
私は久々に?まじめに家でご飯を作ったりしています。

で、今日の夕ご飯は芝エビの唐揚げです。

記念すべき「二段式揚げ鍋」デビューです!!!

この二段式揚げ鍋は、お正月にツヨシのお母さんが
「これとってもいいと思うの。ツヨシのとこにも送ってあげようと思ってるの。」
と言っていた揚げ鍋なんです。

実はうちでは揚げものはほとんどしません。
私が揚げものができないので、ほとんどしないのです。
たまに厚めに油をひいてフライパンで小魚を揚げるくらいで・・・。

という話を、義母にもしていたのですが、
一方、義母は揚げもの至上主義ともいえるお方であり、
しかも手作り日本一お母さんという人でもあり、
コロッケでも肉団子でも天むすでも何でも
ちょちょっと揚げちゃうんですね。

また、今も現役の医学研究者でいるので、
揚げものがなぜよいかという科学的な話もしてくれます。

高温で処理することで日持ちがする、
いい油は人間に必要なもの、
とにかく、揚げものは健康にはよいといいます。
(科学的なところは忘れてしまいました)

そして、一方、「へなちょこ嫁である私」は

「でも、揚げものできませーん」

「揚げものしても、揚げ油の処理に困ります~。もったいないです~。」

とか言ってる。。。

義母は、実家に遊びに行った時には
コロッケ(私の大好物)を、さささささっと作ってくれたりするし、
夫婦で山に出かけると言えば
揚げ肉団子の入ったおにぎり弁当を持たせてくれたりする。

前回も、コロッケを作ってくれるというので
この「へなちょこ嫁」は目をらんらんと輝かせ喜びました。

さて、その後、この鍋が届いたのです。

みなさん、このブログのタイトルを確認してください。

「ひねくれた性格」

そうなんです。That’s ME! 私の事です。

私はこの鍋が送られてきたときに、

「これはツヨシに揚げものを食べさせたい」
という親心なのだと思いました。

嫁がいろいろ言って揚げものを食べさせないから
息子がかわいそうだ!ということなのだと。

それで、

うーむ。これからは、揚げものしなければなるまいぞ。

と思いました。微妙にプレッシャーを感じました。

でも、頂くのはありがたいことですし、
すぐに電話をしてお礼を言いました。

すると、義母は、電話口ですごくうれしそうに

「あ、届いた?ふふふ!」と言いました。

「はい、わざわざありがとうございます。」と私

「あれね、小さいからどうかと思うけど、でも二人なら大丈夫かなと思うのよ。
あれがあれば、あなたの大好物のコロッケを
さささって作って、好きなだけ食べられるでしょ。
ふふふふ。」

それを聞いて、わたしは心の中で頭を垂れました。

(おかあさん、コロッケの事そんな風に覚えていてくれたんですか!)

考えてみれば、わたしの中に、

自分がへなちょこ嫁であるとか、
義母にくらべて何もできていないとか、
義母はツヨシが大事で、私は鬼嫁であるとか、

そういう、ひねくれた考えがあったんです。
(いや、全部事実かもしれないけれど、
問題は、私自身に卑屈な思いがあるかどうかなんです)

でも、義母は、とっても正直でまっすぐな人で、
実は、そういうところも自分にはまねできないと思いこんだりして、

かなり、ひねていましたね。

自分は。。。。(遠い目)

そこで、せっかく「私のためにコロッケもできる」ように
揚げ鍋を送ってもらったことに素直に「嬉しー!」と
思えなかったのです。


(はー、ごめんなさい。お義母さん・・・)
振り返れば、
こういうひねくれた解釈というのは、
お互いの心に誤解や軋轢を生み、
それをすぐにほどければいいけれど、
もしそのまま時間が過ぎ、
関係が進んだら、
たいへんなことになるのかもしれないと思いました。

物事の解釈はいくつもあるので、
たとえ、相手がどういう意図であっても、
自分の考えには余裕をもっていたいものだな・・・


・・・・と、いう反省は、
現実的には一瞬のうちに終わり(笑)

「うわ!そうですね!コロッケできますね!やってみます!」

と、全く調子よく大喜びで言って電話を切ったのでした。


で、今日が揚げ鍋デビューの日です。

それまで、揚げものメニューを考えたことのない人なので、
なかなか揚げものをご飯に取り入れるチャンスがこなかったのですが、
今日は揚げます。

有頭芝エビが安かったので、
はじめて買ってみました。

コロッケは慣れたらやってみようと思っています。

たいへんドメスティックな話題ですんません。

みなさんはそんなことありませんか。


ひねくれた性格