[163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

おはようございます。

いきなり朝から変な話だけど、自分の中に眠っている人(?)がいて、
ときどきその人が目覚めて活動しだすという感覚はありませんか。

振り返ってみると、わたしはいつも自分の中に眠っている人がいて、
いまこうして書いている自分は、何年か前に目覚めたのであって、
それ以前は、やはり昔の私の中で眠っていたような気がする。

眠っている人がある時目覚めて自分を生き出すっていうのかな。
リレーみたいに、いろいろな人が眠りから目を覚ましては自分を生きているような。

うわー、やばいですかこの感覚?
でも書いちゃおう。

いつも自分だと思っているし、自分だし、間違いなく自分だけど、
でも、あのときと何か違うような・・・。

もうちょっと思い出して書くと、
もっと若い時は、眠らずに起きている人が自分の中にもう一人や二人いたんですね。

それで、何かあると、その人たちに相談するんです。
すると、自分一人で考えるよりも、意外な意見が出てきたりして、
けっこう重宝しました。

それが、いつのころからか、この人たちは私が起きている時、眠っているようになって、
起きてる人=今は「私」が「生きるの担当」です。
みんな眠っているから単独で人生を賄っています。という感じ。

よく考えたら、そういうことでした。

こういうのって魔術的世界観っていうんでしょうかね?
でも、面白いですよ。

若い時、なんだかとっても生きるのがつらかった時、
お話できる友達も実際にいたけれど、
一番長く対話していたのは、自分の中のみえない友達だったかもしれない。

それで、なぜそんなことを書いたかというと、
最近は、自分は単独で起きていることに気づいたので・・・・。

一人ずつ目覚めて、一人ずつバトンを持って黙々と走っている。

最近の私は内的に少し孤独かもしれない。
どこかまじめすぎる気がする・・・・。
これでいいのかしら・・・。(悩)

みなさんは心の中に相談できる人いますか?

(いや、外にいるから!!ってことはさておきですわよ。)

☆☆☆レインボーラボの7月(^_-)-☆☆☆☆

現在募集中の7月のワークショップ
 7月19日リビング・イン・ア・ボディ1-Dayワークショップ
  人気の解剖学ワンデイコースです。講師は石坪佐季子さん!

 7月24日入門!アレクサンダーテクニーク
  定員5名の小クラス。経験者の方も参加できます。日常的な身体の使い方から苦手な動作まで。

 7月28日ダンスやヨガを楽しむ方のためのアレクサンダー
  定員8名のグループレッスン。四ツ谷の燕スタジオさんで行います

個人レッスンは随時受け付け中です

見えない友達

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: