[271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

「ブログの道」に迷いが生じ、長い間書かずにいました。
 
何のためにやってるのかわからなくなってしまう
 
なんてこと、みなさんありませんか。
 
そんな感じです。
 
いや、もちろん、しっかり目的をもって行動している人が
 
たくさんいるのはわかっています。
 
でも、正直に言いますと私にはそうでないこともあるのです。
 
それを踏まえて、目的のないブログを読むお時間のある方は読み進んでいただければ幸いです。
(↑この一文は後から書き加えました)
 
 
目的を失うと、それを行うためのエネルギーが減退します。
 
というのは、なんにでも言えることでしょうか?
 
自分を観察すると、答えはイエスです。
 
そうか。
 
私はなににしろ、
 
目的を失うと、それを行うためのエネルギーが減退する
 
らしい。
 
 
実際、ほんとはやりたくないことでも、
 
目的がはっきりしていればできる気がします。
 
さて、目的を失ってしまい
 
活力(エネルギー)が減退したとき、
 
どうしますか?
 
 
 
そういう時は、わたしはよく寝ます。

ねることで調子がよくなることがあります。
 
でも、次の日に起きても、やっぱりエネルギーがない。
 
その次の日も、その次の日も、、、なんてことになったら??
 
 
他には、場合によっては、何かのきっかけで
 
それまでやりたかったことすら目的を失います。
 
やりたかったって、なんで?みたいなこと。
 
やりたかったことや、目的があって活力をもってやっていたことが
 
「やらなきゃならないこと」になってしまったり。
 
 
さて、つい数分前に、発見したことですが、
 
まず書いてみたら、少しずつエネルギーが出てきたってことです。
 
目的なく、やる気がなくなってしまったとしても、
 
頭の中でぶつぶつ言っているよりは、
 
紙を出してきて、ぶつぶつを書き出してみるとか、
 
とりあえず会社行ってから考えるとか、
 
とりあえず走り出してから考えるとか、
 
とりあえず食材切り出してから考えるとか、
 
 
まあとにかく、頭だけでなく、身体をつかって
 
感覚をつかって動作を始めてみる、
 
というのはなかなかいいものだなあ。
 
という今日の発見です。
 
 
ではさらば。
 
夕焼けの時間をエンジョイしましょう。
 
(カタカナで書くとかっこ悪いな)
 
 
安田ヨウコ
活力が出ない時のこと

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS