[105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

  レインボーラボ 5月のスケジュールはこちら
***
 
最近またブログの更新が滞っておりまして・・・、

実は安田ヨウコは悩んでおります!

しばらく、ずっと悩み続けておりましたが、何を悩んでいるのか

自分でもよくわからなかったりしまして、

でも、自分の中のどこかで

「ちがうー、ちがうー、ちがうー」

と泣いている声がするのですね。

「わからないー、わからないー、わからないー、」

ってな声も聞こえます。


ウーン・・・・


ところで、最近、やっと分かってきました。

うふふ。

なにかって、それは秘密です。

でも、こうして悩んで、少しずつ進んでいくのは、

嫌いじゃないなと思いました。


ひとつだけ皆さんとシェアしたいことがあって、

(それはレインボーラボにすごく関係することなので)

ちょっと、うまく書けるかわかりませんが、

意味不明だったらごめんなさい!


わたしはよく落ち込むんですが、

それって、「結論」を早く出しすぎるからかも。

と、気づいたのです。

「~だし~ってことは、私ったらダメなやつ!」

という風に、よく考えてみると、ダメなやつというところは

はじめから決まっていて、いろいろな事実を「~だし、~だし、」

というところにあてはめているのかもしれない。



こんなことはほんといいまして、とても明らかなことなのですけれど、


でも、

頭ではなくて、guts(はらわた)で、納得することは

やはり力強い!



それで、結論を出さないでいられるかな?という実験をしています。


結論というか、ジャッジですね。


アレクサンダーテクニークでも「ジャッジしない」ということを

キーワードにしたりします。



アレクサンダーのレッスンではわかっているのに・・・、

でも、それがリアルなんですよね。

自分のことが一番見えない。


だからレッスンを受けにいくのですよね。


そうか、アレクサンダーをもっともっと使えるはずだな~

なんて、ほんとうに初心者みたいなことを思って、

にんまりわらっております。


結論を急ぎすぎるのは、忙しすぎる会社生活の賜物?

なんて、また結論をだそうとしていますが(笑)


忙しければ忙しいほど、もしかして、結論を急ぐより

効率のよい、しかも、結論を急いだ時よりも

充実した結果を生み出すことができる可能性も

あったのになぁ・・・


と、今は思います。



さて、この写真は、昨日横須賀にお勉強に行った時の帰り道に

ベースの近くから撮りました。
SN3F0046.jpg
おひさまの上に丸い輪っかが見えるような、

なんだかとてもいい絵だと思いません?





なんだか今日はブログを書いて、ほっとしました。

こんな風に書けばいいのか。


なんて、ほんとになんだか初心者っぽいですが、

そんな私ですが、みなさまに会えるのを楽しみにしております。
 
夕陽を見ながら、ほんとうのこと

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: