[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

おはようございます。

みなさんは、前に歩いている人のかかとを踏んでしまったことありますか?

わたしは先日、駅の人ごみで、前の人のかかとを三回も踏んでしまいました!
それも同じ人の!

ちょっとお疲れ気味のサラリーマンでした。

(ごめんなさい!!!)

と思いつつ、
興味が出てきて、その人のかかとをついじっと見てしまいました。

すると、
その人のかかとと靴の間には、なんと見てわかるくらいの隙間が1センチほどあったのです。
彼は、大きすぎる靴を履いていたのでした!

こんな靴じゃ、脱げるんじゃないかな?とますます興味が出て、
彼が歩くのを観察しました。

朝の新橋、混み合う銀座線付近の出来事で、長くはみられませんでしたが、
これが街中だったら、多分しばらくついて歩いたことでしょう。

背中を丸めてずるずるっと脚を引きずり気味の人。

しかし、あれだけかかとに隙間があるのに、靴はパカパカ脱げていなかった!
なんという不思議な歩き方だ・・・・と感心したのでした。

ところで、
三度目にかかとを踏んだとき、頭の中で

「なんで?なんで?」

という声がしました。「そんなわけない!どうして?」って。

何が「そんなわけない」のか、しばらくわからなかったのですが、

「あ、そうか!
我々は、前の人の背中をみるだけで、どこらへんにその人のかかとが来るか判断できるんだ」

と気づきました。

わたしたちって、前の人の歩く背中を見ていれば、かなり近づいても、足を踏まないように自動的に微妙な調整をしているのではないでしょうか。

だから、いちいち下を見なくても、あまり人のかかとを踏まなくて済むのではないかな?

もちろん、踏んじゃう時もありますけどね・・・。

でも、一度踏んだらもう踏まない。

瞬間的に、微調整するから踏まないのだと思います。

わたしに三度かかとを踏まれた人は、私の微調整が通用しなかった。
なぜなら、計算よりもずいぶん突きだした靴を履いていたから。

なんて、簡単に結論付けてしまいましたが。。。

それで、人間とはかくもすばらしい能力を持っているものなのか!
と新たに感動したのです!そういうことを考えさせてくれた大きすぎる靴の人、ありがとう!


・・・そういえば、踏まれた側の微調整もあるのかな?

わたしを例に取れば、かかとを踏まれたら、腹正しいだけで、
微調整なんてしている気がしないな!笑

みなさまはかかとを踏んだり踏まれたりしたことありますか?


(いや、かかとを踏んだのを人のせいにしているってわけじゃないんですよ・・・)

 

さて、足の構造を観察するのにもリビング・イン・ア・ボディはお勧めです。
   
そして、自分の大きさや相手との距離をつかむ能力を伸ばすのにははアレクサンダーテクニークがお勧めです!
↓↓↓下記参照
☆☆☆レインボーラボの7月(^_-)-☆☆☆☆

現在募集中の7月のワークショップ
 7月19日リビング・イン・ア・ボディ1-Dayワークショップ
  人気の解剖学ワンデイコースです。講師は石坪佐季子さん!

 7月24日入門!アレクサンダーテクニーク
  定員5名の小クラス。経験者の方も参加できます。日常的な身体の使い方から苦手な動作まで。

 7月28日ダンスやヨガを楽しむ方のためのアレクサンダー
  定員8名のグループレッスン。四ツ谷の燕スタジオさんで行います

個人レッスンは随時受け付け中です!

 

前の人のかかと(追記済)

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

そもそも踵が余った状態で靴を履くのは身体にとってはいいことではないんですよね。靴はまず踵をぴっちり後ろ側にくっつけて、踵の後ろに隙間がないようにしておいてから甲の部分をぴったりに調節して履くとらくな歩き方がしやすくなりますが、踵がちょっとでもブカブカしていると、足は自然に前にずれていき、靴ずれとかマメができやすいし、脱げないようにとユビが反って爪があたって巻き爪になったり等々。語り出すと長くなるのでやめますが。つづく。

たいへん興味深いお話です。  2010/07/07 (Wed.) 19:46 edit

コメントありがとうございます。二年ぶりくらいのコメントです。笑
確かに靴によって身体の疲れ方がすごく違う!なので、この方はほんとにどうなってるんだろう???と興味深かったです。かかとに隙間があるのが目に見えるなんて!pantayaさんのようなアドバイザーに出会いますように!私は自分の靴がどこで履き心地がきまるのかまだわからないです。いい、わるいはわかるんだけど。

2010/07/07 23:34

だから踵がブカブカだと、身体の土台がイマイチ安定しない=>うまく身体が使えない・感覚がにぶる、ということがあるかもしれませんね。人との距離の取り方とかも。運転席に腰をしっかりと固定されてないドライバーが運転しているクルマというか。

似たようだけどちょっと違うのでは、自分の持っている荷物にやけに人がぶつかるなと感じる時があるかな。自分が迷惑かけてるほうなんですが、意外にそれを自覚しにくい。かたや人の荷物が出っぱっていることにはけっこう敏感。ムシのいい話。

つづきです。  2010/07/07 (Wed.) 19:46 edit

Trackback

Trackback for this entry: