[246]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

今日二つ目のブログです。

昨年、、、、と書くと、ああもう一年がたったのかー!と思うんですけれども、
ちょうど1月に、アレクサンダー教師仲間であり、リーディングの才を持つ
オカナオさん

  Studio Saltia オカナオさんのページ

による、「ナチュラルリーディング」というリーディングを受けたんですね。

  / / /
 詳細は2010年2月↓こちらの日記をご参照ください
 http://rainbowlabo.blog.shinobi.jp/Date/201002/
 「お花ですかっ?」の巻
 「リゾートですかっ?」の巻
  / / /

それで、一年たってどんな様子か聞かせてください。
よろしければ、ミニリーディングします。
というお手紙を頂き、振り返ってみています。


まず、「一年たって、振り返ってどうですか?」

という問いかけを頂くのはとってもいいなあと思います。
あの時、から今までの年月を振り返ると、
その時のリーディングの意味もまた新しく感じられる気がする。

今の自分が、
「お花とお話をしましょう」とアドヴァイスされたことを振り返ると、
それから、お花を飾ることをした時期があり、
その後、重い腰をふとあげて、永田農法にチャレンジして
身近で植物の成長する様子を見ながら、
それをいただくという、小さいけれども、
見ごたえと歯ごたえのある体験をしました。
この間も「食べごろ」についてブログに書いたところです。

レメディの効果もよくわかったし、
「命」ということに対して、重く閉じていた雨戸を開けられたような
気がします。

私はとても怖いんですね。
生きていることが怖いのか、
虫が怖いのか、
なんだかよくわからないけれども、
とても臆病なのですね。

でも、植物の迷いのない成長をみていて、
私にもそんな力があるのだから、
怖いからといって、閉じこめていずに
開いてみようかという気持ちになりました。

もちろん、すぐにあさりのベロのようにちょろっと隠れるんだけど。
ハハハ。

次のセッションは
「サンタクロースがたくさんプレゼントをもって正面から駆けてくるけど、なかなかつかない」
という面白いリーディングでした。
それで、いろいろ直感した結果、

サンタクロースはサンタ・フェだと思ったのです。

それで、夏に思いきって「サンタ・フェ」で行われる
アレクサンダーアライアンスのリトリートに参加したのでした。

この旅では、タロットリーディングをするちかさんと会って、
みてもらったんです。

そうしたら、
「なんだか、こそこそしていませんか。」と言われました。

「あたり!!!!」と思いました。

そうなんです。私、自分を出すのが怖くてこそこそしているんです。
その割に、かくれられなくてへんなとこ見せてる気がする。
とかいって、

「こそこそしなければ、みんなのために光り輝きます」
みたいなことを言ってもらって、

これまた、オカナオさんのリーディングとつながったな
なんて思っておりました。

また、その時は「感じとしてリゾート。夏休み気分でいてみましょう」
ということだったので、
貧乏性の私は「えええ?リゾート?」なんて思いましたが、
夏休み、たっぷり休んだからよかったかもしれないな。

さて、現状は、あの時から重いシャッターを少しずつ
開いては閉じ開いては閉じしている気がする。
きっと開くきっかけをもらったんだと思う。

今は、怖がりな自分と、開いた時の自分が信用できない
というジレンマに会いながらも、なんとか生きてます。

またよろしくお願いします。

(手紙になってる・・・・)

ヨウコ
ナチュラルリーディングをして一年

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: