[232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

こんにちは。

今日はとっても寒い日でしたね。
寒いと、動くのが億劫になります。
でも動かないとますます寒い。。。

植物もすこーしずつ、スローモーションで
動いている。
少しずつでも動いているのがすばらしいですね。

私もじっとしていたいという欲望はあれ、
じっとしながらも少しずつ動いていたいですね。
自分を止めないでいようと思います。

さて、話は変わりますが、
元旦に京都のとあるブックオフで半額セールをやっていました。
そこで買った本の話。

本に目がない(笑)安田ツヨシに連れられてやってきました。
本屋では素早く移動し、どこまでも調査に没頭するツヨシさんを後目に、
広い店内で本棚をつらつらとみていると、
村上春樹の英語版の本がいくつか並んでいました。
The Wind-up Bird Chronicle と書いてある、邦題「ねじまき鳥クロニクル」が
目に入りました。

「ねじまき鳥クロニクル」は、以前に心底感動した本の一つで、
「村上春樹ってほんとにすごい作家だなあ」と感じたきっかけになった本でした。
日本語では一部、二部、三部とあるのに
それが一冊の厚いペーパーバックにまとまっている。

実は、夏にリトリートでニューメキシコ州へ行った時も
空港の書店で村上春樹の本を眺めていたのです。
きっと全部読まないだろうし、ちょっと高めだなあと思ってスルーしてしまったのですが、、、
なんとここでの価格は450円!

ラッキー!!!

そういうわけで、読む読まないの問題でなく、ただただほしくなって
この本を購入しました。
するとレジでさらに半額の225円!?

わーい!なんかうれしいなー!

なんて単純に喜びつつ、家族の運転する車に拾ってもらって
帰宅しましたところ、

おや???
おやおやおや?

車を降りるときになって、本がなくなっているのに気付きました。
紺色のブックオフの袋にレシートとともに入れたはずなのに・・・。

その日はもう暗かったので、車の中に落としたのだと思って
次の日確認したところ、やはりない!

ブックオフの前から車に乗って、家までの間どこにも寄り道していないし、
車を降りたのは家の前。家の前はそれから何度も通ったけれど
白い雪ばかりで何も落ちていない。

どこへ行ってしまったのか。
Kumiko(ねじまき鳥に出てくる主人公の奥さん)みたいに
どこかへいってしまったのだろうか。。。

そういえば、あの話は何かがどこかに消えちゃうってエピソードが
たくさんあったし。。。

(255円でゲットしたのがうれしかったけど、なくしてみたら
それくらい悔しくないよね?ね?)と自分に言い聞かせたり。。。

一応ブックオフにも電話してみたのですが、
「多分出てきません」というつっけんどんな返事。
そんな風に言わなくてもいいじゃないね。。。
「じゃあ、出てきたら電話するってことでいいですか」って、
そんな言い方しなくても、、、。

と、心の中で残念に思いつつ、いや、新年早々残念だなんて
思うのやめようよと無理な理屈をこねたりして、正月三が日は過ぎました。

三が日あけの四日、今日は東京に帰る日だということで
片づけの準備をしていたら、家の電話が鳴りまして、
誰かと思えば、ご近所の方でした。
「こんな本を落としませんでしたか?」という質問。
ツヨシが電話に出て「ああ!それはうちのものに間違いありません」
ということで、ご親切なその方が出かけるついでに
届けてくれたのは、まぎれもなくThe Wind-up Bird Chronicle だったのでした。

「難しい本だからきっと安田さんだと思って・・・」と思い
わざわざご連絡をくださったそうです。すごい読みですね!

普段難しい本を読んでいるのは、ツヨシとその両親の安田何某なんですね。
私はまだお会いしたこともない方だったのですが(^^ゞ、
ありがたいことに、この方の親切で的確なご判断のおかげで、
無事に本が私の手元に戻ってきました。

わーい!

雪の中ではありましたが、ビニールの袋に入っていたので装丁も大丈夫。
よくぞご無事で生還したね!!

英語の本、読みとおしたことほとんどないけれど、
辞書を引き引き、頑張って読みます。

明日からダンの英語もあるし、英語を勉強しなさいというお告げかもしれないですね。
私もそろそろねじをまけってことか・・・。

murakami.jpg

――――

明日土曜日からお勧めワークショップあり。
まだ申し込み間に合います!

1月8、9、10日(土日祝)、15、16日(土日)
「サイレントウェイによる英語5日間ワークショップ」
https://sites.google.com/site/gaandsw/Home/wsinfo/201009eng
講師:Donald Cherry
単なる英語学習にとどまらない自分活性化ワークショップです。
英語のレベルを問わず集中力と脳みそを活性化して
新しい年をますますフレッシュにはじめよう!
(レインボーラボの紹介と書いて申し込むと早割り料金が適用されます)
分割払い、部分参加も可能です。
――――

レインボーラボの1月~2月は

「個人レッスン、個人セッション強化月!」

ということで、
みなさんが一人ひとり、ご自分と向き合う時間の一部を
アレクサンダーテクニークや、バッチフラワーでお手伝いしたいと考えています。

アレクサンダーテクニークの個人レッスン(50分)は1月中に限り
月の1回目のレッスンが通常6000円のところ5000円。
そして、同じ月の2回目から、何回でも4000円です!

バッチフラワーのセッションはお土産のクッキー付で承ります。

レインボーラボは個人レッスン、個人セッション中心ですが、
以下のワークショップが行われますのでぜひご参加ください。
レインボーラボ割もあります!

1月29日(土)30日(日)
「ブルースファートマンから直接学ぶアレクサンダーテクニーク」
http://kokucheese.com/event/index/5742/
私の師匠の師匠、ブルース・ファートマン氏が来日します。
彼の手は魔法のように私たちのあり方を問い直し、変化を促します。
私たち自身の自由なあり方と心地よさを鮮やかに体験させてくれるワークです。
ぜひ一度ご体験ください。
(安田ヨウコの紹介と書いて申し込むと割引価格で受講できます)

ねじまき鳥クロニクルの行方

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: