[283]  [282]  [281]  [280]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

かきとりφ(..)ではなくてかきととり。
安田ヨウコです。
ほら↓



今朝、家を出たら、近所の柿の木に小さなとりが何羽も羽ばたいてさえずって、あたかも

「まじー!すごーい!」

「やったー!」

「わーいわーい!」

と言ってるような雰囲気だったのでした。
しかも全部が緑色の鳥だったので特別興味深く、そっと近づきました。

写真が不鮮明かもしれないです。最大ズームで日陰も手伝って…。

私が近づいたら小鳥たちは、

バーッ!

と、目にも止まらぬ早さで飛び散りました。
でもすぐに戻ってきて、
人の様子を横目で見ながら、また柿の実の周りをぴょんぴょんしています。

ウグイスにはまだ早い。よく見ると眼の回りが白いからメジロかもしれない。

なんだかワクワクしてしまいました。

この柿の木は住宅地の小さな家の脇に生えていて、特に立派なものではないけれど、以前からときどき眺めていました。

毎年冬に丸裸になり、そこから緑の芽を出し、大きな葉を生やし、花を咲かせ、油絵の具のパレットのような色彩の紅葉に変わり、オレンジ色の(柿色?)の実をつける。

当たり前なのにすごい偉業です。
だから私はこの柿を尊敬していました。
(この事を私の分身の山下月子が 「時の実」 という文章に書いたことを思い出しました。)

今日はその柿がさらに緑色の素敵な鳥たちに魅力的なスウィーツを提供しているのを見て、ますます尊敬しました。

いいもの見つけた子供の頃のようなキラキラした気持ちがしました。

-----

経済は大事かもしれませんが、同じように人間の作り出せない偉大な自然の力を敬う心を忘れては、本末転倒だと感じます。

経済を優先してもよいから、
自然の力と恵みに心の底でしっかりと頭を垂れることができる敬虔な政治家さんが活躍してくれたら、世の中はそれほど悪くならないような気がします…。

かきととり

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS