[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

2010年2月13日~16日まで、ブルース・ファートマンが来日し東京でワークショップや個人レッスンを行います。

もしブルースに会ってなかったら、アレクサンダーテクニークの教師にならなかったかもしれない。というアレクサンダー教師は日本に何人もいると思います。
それほどブルースのワークは人の根源に触れます。そして何かが変わります。
私はブルースのワークを受けると、生きていることの素晴らしさ、自然の中に存在する愛を、改めて実感できます。

今後は米国のスクールでの活動を中心になさるそうですので、このチャンスをお見逃しなく。
また大変人気のあるブルースですので、お申込みはお早めに!

ブルース・ファートマン

詳細は、レインボーラボのウェブサイト
http://sites.google.com/site/rainbowlabo/index
または、アレクサンダー・アライアンス・JAPAN 東京校ディレクター 石坪佐季子さんまで
http://ishitsuboat.blogspot.com/

京都でのワークショップについては、こちらをご参照ください。
http://ameblo.jp/alliance-kyoto/entry-10423466378.html

***

レインボーラボでは1月30日(土)17:30~20:00
バッチフラワー体験セミナーを行います。
今回のテーマは「セルフケアってなんでしょう?」
お申込み受付中です!
http://sites.google.com/site/rainbowlabo/index/info

アレクサンダーテクニークの個人レッスンは
毎日ご予約できます。
詳しくはウェブサイトのスケジュールをご覧ください。
http://sites.google.com/site/rainbowlabo/index/AlexTech/ATschedule

bruceyoko.jpg
ブルース・ファートマンがきます!
レインボーラボの新ウェブサイト

        ***
なんだかとっても寒くなりました!
と、思えばクリスマスは暖かかったり、冬の天候も変わりやすい今年です。
今年ももうあと数日。気ぜわしいこの頃です。

さて、今日はおなじみてあて整体院さんにて、安田ツヨシが
「呼吸の解剖生理学」セミナーを行いました。
SN3F0217.jpg
いつも逆光になって恐縮です・・・。

画面左側のお部屋にも生徒さんがいまして、真ん中でなぜか半そでで正座しているのが安田ツヨシです。

今回も、テーマである呼吸に関して、解剖学的な筋肉や骨の話から、発生学的なところ(どのように肺はできるか。進化の話なども。)や、他の動物との比較(あざらし、ペンギン、とりなど)、化学反応(いわゆる生理学)と、多岐にわたる話題を取り上げ、参加者の皆さんと呼吸の不思議について考察しました。

こういった解剖生理学のセミナーは、今回で三回目になり、今後も続く予定です。

次回はどんなテーマで開催するでしょう?
楽しみにしていてください。

整体師さんやセラピストの方にも、一般の方にもわかるようにお話ししますので、ぜひ一度ご来訪ください。

てあて整体院
「呼吸の解剖生理学」セミナーでした!
レインボーラボの新サイト12月のレッスンも載ってます

***

マイケル・ジャクソンのThis Is It、二回観ました。
二回目を観終わった後、もう一回みたいと思いました。

先日もこのブログに書きましたが、マイケルのパフォーマンスの
素晴らしさに感動するのはもちろんなんですが、
なぜか同時に心に苦しい思いがあります。
自分の過去の偏狭なマインドに対する後悔の念といいますか。

そうしたら、それをズバリと突いてくれた人がいました。
マドンナです。MTVでのマイケルジャクソンへの追悼スピーチ↓

http://www.mtvjapan.com/video/program/19585


同い年のスーパースターを惜しみ、個人的な思い出を語り、
英雄であり、同時に人間でもあった彼を「私たちは見捨てた」
と語る名スピーチです。

心を打たれました・・・。

たくさん考えさせられました。
マドンナのスピーチ
レインボーラボの11月、12月予定→新ウェブサイトへ

***

先週、マイケル・ジャクソンの"THIS IS IT" を観ました。
周囲のみんなが言うように、素晴らしいドキュメンタリー映像でした。
映画というジャンルを超えているように感じました。

私にとって、マイケル・ジャクソンは、小さなころから特別なファンだった
ということではなかったけれど、そのパフォーマンスにはいつも驚嘆し、
CDも何枚も持っています。いわゆる時代のアイドルのような存在でした。

妹が大ファンだったので、デンジャラス・ツアーにジャネットとともに来日
したときにはステージを見に行きました。
確かに素晴らしいステージでしたが、その後、記憶もうすれ、DVDで
みた記憶と混ざってしまったような状態でした。

後年のマイケルは、おかしな行いがゴシップとして取り上げられ、
私の中でも「おかしな人」「昔のアイドル」という色眼鏡でみるようになって
いました。

今となっては、そういう自分の思いが口惜しく思います。

この映画をみたら、マイケルの愛の広さと深さと純粋さが直接ハートに
伝わってきて、今までの自分がどれほど偏狭な見方をしていたかが
よくわかりました。

ガラス細工のように繊細で、孤独で、美しく、ピュアな魂が、服を着て
超絶なテクニックのダンスを踊っている。そんな感じがしました。

世界や、周囲の人々、地球に対する現実的で、とてつもなくピュアな思い。
それを伝えるためのリハーサル風景ですが、舞台にかかわるすべての人
がマイケルのその思いとひとつになっていく様子に胸がつかまれます。

希有の才能というのは、存在そのものによって人をひとつに、つなげ
られることなのかもしれません。
マイケルはその力を使って、地球や、人や、世界への愛を伝えたんですね。

愛というものが直接伝わってきます。一人でもたくさんの人に観てほしいな。

27日まで公開です。






マイケル・ジャクソンのThis Is It お勧めです


   →レインボーラボの9月のスケジュール

         ***

   →9月20日から始まるお勧め英語ワークショップ

         ***

11月に開催されるリビング・イン・ア・ボディのお知らせです。
昨年大好評だったロビン・アヴァロンのパワフルワークショップ。
ウェブサイトでは昨年の感想や写真が見られます。
みなさまもこの機会にぜひご参加ください。
自分のために、誰かの身体をサポートするために、お仕事のために、きっと役立つ情報が満載です。

リビング・イン・ア・ボディ

LIVING IN A BODY レベルⅠ、Ⅱ認定コース

 魔法の手を持ち常に進化するアレクサンダー教師:ロビン・アヴァロン(Robyn avalon)が、修了した次の日から使える新たなコースとともに来日します!!!

2009年11月 関東・関西でレベルⅠ、Ⅱ認定コースが開催されます!
 (LIAB国際認定証発行)

「リビング・イン・ア・ボディ」 とは?

リビング・イン・ア・ボディは、人間が本来のデザインにそって自分の身体を使うための究極のオーナーズガイドです。リビング・イン・ア・ボディは20時間の資格取得コースで、自然な動きのための基礎的な解剖学の知識を、簡単に応用できる実用的なものとして理解できるようカリキュラムが組まれています。

リビング・イン・ア・ボディは、主に教師やインストラクター、医療従事者、パフォーマー、あらゆるレベルの競技スポーツの選手、ボディワーカーを対象としています。(*事前の解剖学的知識は必要ありません。)

コースの修了者は、テキストブックや、コースで体験したアイデアやゲームをつかって、次の日からすぐに、ご自分の生徒やクライアントに身体に関する基礎的で役立つ情報を教えることができます。

このコースは、米国において20時間のCEUとして認定されています。

 講師:ロビン・アヴァロン リビング・イン・ア・ボディ創始者

アレクサンダーテクニーク教師
アレクサンダー・アライアンス・サウスウェスト他教師養成コースディレクター
クレニオ・セイクラル・セラピスト/タップダンサー/舞台監督

創始者ロビン・アヴァロン自らが教える貴重なチャンスです!!
ロビン・アヴァロンが来日して直接コースを教える機会は徐々に
少なくなってまいりますので、このチャンスをお見逃しなく!


→東京開催 申し込みフォーム http://don.jp/ezform101/12882/form.cgi
→大阪開催 申し込みフォーム http://don.jp/ezform101/12894/form.cgi

詳細はこちらの→ウェブサイトをご参照ください。)
「リビング・イン・ア・ボディ JAPAN」 http://liab.enlighten.jp/
東日本オフィス 担当:安田
西日本オフィス 担当:宇野
**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

リビング・イン・ア・ボディが11月にきます!