[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

わわわ。
もう一週間がたってしまいました。
先週末に行われたサイレントウェイによる英語ワークショップの最後の日。

私は午前中レッスンが入っていて、午後からの参加となりました。
半日だけだと物足りなかったです。
やはり一日あの場であーだこーだと英語の世界に浸るのが
いいなと思いました。

今回は五日間のクラス。
セットで参加した方もウィークデーを挟んで週末の
五日間をどっぷり英語の世界に浸れたという実感を持って
お帰りになったようです。
一日だけの部分参加もできますが、ぜひどっぷり感を楽しんでほしいですね。うしし。

次回はゴールデンウィークの前半の3日間を予定しちょります。
ぜひぜひご参加ください。

話は変わりますが、英語に親しみたいみなさんは
英語の本を読んだりしますか?
何かお勧めあったら教えてくださいね。

お正月に英語版の村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」をゲットした話を
先日ブログにも書きましたが、
毎日少しずつ読み進んでいます。

英語の小説を読みとおしたことはあまり、といいますか
ほとんどない(笑)のですが、
小説の面白さか、英語ワークショップの効用か、
その両方があって、でしょうね!?
この本は楽しく読めています。

最近は携帯でもアルクのweb英語辞書「英辞朗」が使えるので
片手が空いている時は、辞書を引くのも楽しい。

そういったこと、すべて面倒くさかったはずなのに、
さくっとできて嬉しいこの頃です。

その割にブログ更新してないじゃん。
ということはいいっこなしよ!

あ、
最近、英語の本でもう一つ読みとおしたのがあります!
「よつばと」っていう漫画ご存知でしょうか?
ツヨシが購入したので、日本語版を何冊か腹を抱えて読みました。

その後、「この漫画は外国でも人気だぞ」という話で
英語版も一冊家に転がっていたのでちょうどいいから読みました。
これは爆笑で読破できました!(ははは)
お勧めですよん♪

--------
1月29日、30日(土日)ブルースファートマンから直接学ぶアレクサンダーテクニーク
ワークショップ @築地
まだ間に合います。レインボーラボからと書いていただくと、2割引で受けられます。

レインボーラボの個人レッスン
1月2月は個人レッスン強化月間。
二回目からのレッスンがリーズナブルになっております。



サイレントウェイの後半二日目 英語を読むのに

こんにちは!

今週末も元気にダンが東京に現れ、
またまた集中英語ワークショップが行われています。
こんにちは!Don!
SN3F0804.jpg

これは午後のセッションの初めの休み時間の前。
ダンの座っているテーブルの上に何があるでしょう?
プラスティックのコップとストローです。

There is a plastic cup in the middle of the table with straws in it.
なんていうのをいろいろ練習していたところです。

In the middle of the table there is a plastic cup with straws in it.
A plastic cup which has straws in it is on the table in the middle.
とか、いろいろ言えます。
どれくらい言い方がある?いくつの文章で言える?
というようなことをしつつ、、、


いつしかコップの種類は増えていき、
Large cups, small cups,,,
Plastic cups, paper cups,,,
Pink cups, blue cups, clear cup,,,
なんていう具合に形状の表現が増え、
ストローが刺さっていたり乗っていたり、コップにキティちゃんの柄がついていたり、
マジックで名前が書いてあったり、ティーバッグが入っていたり、
と、ありとあらゆるコップがずらっと並んだのを英語で言い表したり、、、

そして、言い表す、聞いてその通りに並べる、などのアクティヴィティを通じて
最後に偶然でてきたこんなコップの状態!
cups.jpg
この写真をとる少しまえに、
透明のコップの上に橋渡ししてあったストローの上に
不安定に置かれていたピンクの紙コップが、
ぶつかった拍子に、落ちて
透明のコップの中にはまってしまったところです。
そして、ストローがささっていますね。
右と左では少し違うんですよ~

何が違うか!?というと、以下の違い。

A pink paper cup with a straw in it fell into the plastic cup.
A pink paper cup fell into the plastic cup with a straw in it. 

一つ一つ目に見えるような小さなことを正確に英語で表現する
という練習をしていると、自然に頭の中でも英語で考えるように
なってくるようです。
そしてたくさん間違いをするので、英語ではどんなことが大事で
どんな風に表現するのか、だんだんわかってきます。

はじめて参加した方も、
「日本語を使って英語を学んできたけれど、
それをしなくていいんだ!と気づいた」
と言っていました。

日本語を介さずに英語で直接身体に入ってくるのが
サイレントウェイの特徴です!
 

英語ワークショップ後半一日目
今日は特別に寒かった気がする東京でした。
振りそではあたたかいんだっけ?
町で時々見かけましたけど・・・。

さて、この三連休でサイレントウェイの英語5日間の前半が終了しました。
はー、
これをやっていると一日がすぐに経ってしまうね!
と毎日のように参加者のみなさんと話していました。
それほど、集中してしまうクラスなのです。

講師のダンがとっても楽しい人であるし、内容もゲームっぽく、終始楽しくクラスは進んでいきます。
ダンのすごいところは、こんなに面白い人なのに、
生徒の邪魔をしないこと。
生徒に時間が必要な時には、サイレント(沈黙)を貫くことができるという点です。

そして、教師が沈黙して待ってくれているために、
生徒は全身全霊を使って考えたり、働いたりすることに存分に使うことができます。

必要な時に沈黙して待つ。
これができる先生はサイレントウェイの先生と言えると思います。

うーん、わたしももっとちゃんとサイレントウェイの先生になろう。。。
(というくらい、無駄口が多い自分を反省中)

私がこの3日間で強く感じたことは
「わかってしまうとわからないことがある」
ということでした。

書いてもなんだか意味不明かもしれませんが、
メモのため書いておきますと、、、

「ああそうか!」という気づきは何をするにも大事だが、
迂闊に「わかった」と結論付けてしまうと、
その後に学ぶことが難しくなるのかも。
「わかった」のあとに、思考錯誤ができればいいけど、
私は大抵「わかった」と思うとそのまま終わりにしてしまうので。。。

小さなきらめきのような「ああそうか!」という気づきがありつつ、
でも、理解したと早急に結論付けないでく。
わかったと決めつけないでおく。
ということが大事なのだなと思います。

わかったって思うと安心するんですけどね。

でも一度わかったと思っても、その思いを手放せるはずで、
そのようにして身軽でいたいなと思います。

---
英語のこのワークショップは、来週の土日もありますので、
興味がある方はご参加くださいませ。
私あてにメールでお申し込みください。
rainbow.yasuda(at)gmail.com
(at)を@に変えてご送信ください。
1日13000円です。


わかっちゃうとわからない
レインボーラボより
 あっという間に12月も半月が過ぎました。
 忘年会、今年はいつもより多いような・・・。
 今週末の催し物は、こちらから まだ間に合います。
 12/19(日)たづな整体院で「バッチフラワーセミナー」
 12/20(月)もしょしょさんにて「地球の上でふわりといきるために」
      アレクサンダーテクニーク体験ワークショップ
 個人レッスンも随時受け付けしています。

さて、1月は8日~10日の連休と次の週末15日、16日を使った英語5日間集中コースがあります。
このコースは、どの方も受けてびっくり!レッスンの常識を覆す
画期的な方法「サイレントウェイ」を使っており、大変楽しい雰囲気の中
口をたくさん動かして英語の真髄に迫ります。英語が不得意な人、
初心者も大歓迎です。講師は広島国際大学のダン・チェリーさんです。
「サイレントウェイによる英語5日間集中ワークショップ」
P1010008-2.JPG「レインボーラボからのご紹介」と申込欄に書くと早割り料金で申込できます。


1月後半は、私のアレクサンダーテクニークの師匠の師匠
ブルース・ファートマンが来日して東京と京都で
ワークショップを行います。

東京は1月29日30日
自由自在の身体、自由自在の心
ブルース・ファートマンから直接学ぶアレクサンダーテクニーク
~いつまでも瑞々しく生きる~


京都は1月15日16日
「アレクサンダー・テクニーク新春スペシャルワークショップ」
「正しい姿勢」「良い姿勢」を求めるかわりに、心身の余分な緊張を減らすことで、自分のなかにある骨格という深い支えと、かろかやな筋感覚が目覚める

夏のゴーストランチでのリトリートでも素晴らしい
ワークを体験させてくれたブルースにまた会えるのが楽しみです。
8badd6d5.jpg
1月:サイレントウェイの英語とブルース・ファートマン来日
今日から冬ってことらしいです。

思っていたのは、吹きすさぶ風と暗い空だったのですが、
こんな風にお天気がとってもいいし、明るいのが冬なんだなぁ。。。
寒いけれど、お天気。
それもいいですね。

さて、11月に大阪でリビング・イン・ア・ボディのレベルⅠコースを
開催した後、西宮に住んでいる、サイレントウェイの恩師アラード房子さんを訪ねてきました。

サイレントウェイというのは、カレブ・ガテーニョ博士が
独自の学びの理論に基づき開発した言語学習法です。

時々レインボーラボでもご紹介していますが、
このサイレントウェイという不思議な方法で英語を学ぶ
ワークショップが1月に開催されます。
毎回ファンが増えていくこのワークショップ、ぜひ一度ご体験ください。
サイレントウェイによる英語5日間集中ワークショップ
1月8日~10日、15日、16日 部分参加可
英語を学ぶワークショップ。でもそこで英語に取り組むことで
自分の全体が生まれ変わるような体験。
それがサイレントウェイの英語ワークショップです。

いやー、しかし、レインボーラボが扱うものは、
読んだり、知識を得るということでは賄えないものばかり
なんですよね・・・。

インターネットや端末が進化していって、電子教科書で学ぶとか
ブログやツイッターで情報を得たり交流をするということが
もはや日常になりました。

そういう中で、私が興味を持つサイレントウェイやアレクサンダー
テクニークなどのワークショップは、その場にいる人たちの
存在が核融合を起こすような機会なのかなと思います。

自分の脳みそだけでなく、身体全体と今までのことすべてを
つかって何かをするということ。

サイレントウェイでは、
「学ぶということは、知識を一つ増やすことではない。
もし、ひとつ新しいことが自分にインプットされたら、
それに基づいて今までの自分がすべて書き換わるようなもの」
と言います。

その場にいて、みなさんがためすつがめつ取り組んだり遊んだり
していることは、知識ではなく、自分自身の運用なのですね・・・。

と、話がややこしくなってきたので、ここらへんで。

★★★今後の予定★★★
12月の中延での個人レッスン 随時受け付けしています
スケジュール

12月11日、18日、25日(土)
大泉学園「てあて整体院」にて
個人レッスン
10:00~21:00要予約
(ご都合よい時間をお知らせください)
45分5000円。
60分6000円。

12月19日(日)13:00~16:00
「たづな整体院」にて
バッチフラワーの体験セミナー&冬のアロマ
(金子先生とのコラボ)スウィート付4000円。定員5名

12月20日(月)午前10:30~12:00
「地球上でふわりと生きるには?アレクサンダーテクニックで体験してみよう!」2500円。定員5名
渋谷の「もしょしょ」でのクリスマスフェアです

お問い合わせ、お申し込みはメールかお電話で安田まで。

09093413255
rainbow.yasuda@gmail.com






1月早々英語ワークショップあります!