[157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

募集中の7月のワークショップ
 7月19日リビング・イン・ア・ボディ1-Dayワークショップ
 7月24日入門!アレクサンダーテクニーク
 7月28日ダンスやヨガを楽しむ方のためのアレクサンダー
個人レッスンは随時受け付け中です!

*** 

今日も暑くなりそうな東京です。あ、もうお昼だし、すでに暑いですね!
金曜日はたいてい、午後に日本語のレッスンを二つして、夜アレクサンダーの定期レッスンにバレエスタジオに行くことになっています。

この日本語のレッスンは、実はとってもかわいい生徒さんなんですよ。
一人はフランス人の学校に通う中学生の男の子
もう一人は、その弟の幼稚園の男の子。

ご両親(フランス人とドイツ人)の日本語レッスンをそれぞれ私が請け負っていて、
今年から子供さんもレッスンをすることになりました。

ありがたいことです。

私はサイレントウェイという方法で日本語を教えています。
この方法は、教科書がなく、教師が生徒に教えるという図式とはちょっと違い、
生徒が学んでいくのを教師が後ろからサポートするという図式の
面白い方法です。

教材も少し特殊で(サウンドカラーチャートという発音を学ぶための色のチャートや、ロッズと呼ばれる長さの違ったカラフルな棒)そればかり有名なのですが、実際にこの方法を使って教えている人はとても少ないです。
サイレントウェイというのは、先生が黙っているということ。
それは生徒がその分たくさん話したり、考えたりするということです。

運命的にこの方法に出会い、そしてこの方法が好きで、
やがて自分でもこの方法を使ってレッスンをするようになりました。

以前にも何度か書きましたが、アレクサンダーと全然違うようで、実はとっても似ています。

人はそれぞれ学びパワーみたいなものを持っていて、それを使えば
その人にあった学び方ができるし、その人に一番必要なことに取り組める。

そんなところが似ています。

人間に対する信頼。自分に対する信頼。それが似ています。

9月に英語のワークショップをするので、またご紹介しますね!
サイレントウェイ東京

今は、そのサイレントウェイを日本に紹介し粘り強く実践し守ってきた
アラード房子さんのメールレッスンを募集していますよ。

 

金曜日はスロースタート

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: