[212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

しばらくパソコンから離れていまして、お久しぶりです。

日曜日のサイレントウェイの英語最終日のレポートです。
この日は秋らしい晴れの日で、
あっという間に迎えた五日目のレッスンも
気持ちよくスタートしました。

この日の面白かったところは、日付。
他にもいろいろありましたが、一部紹介しますとこんな感じ。

日付の言い方、聞き方、って中学校で習うはずですが、
やってみると、さまざまないい方があるんですよね。

2010年9月29日
これを英語で何通りで言えるでしょうか?
それでは、お誕生日の尋ね方は何通り?

そんなところから、長い文を言う口の練習。

ではでは、問題です。
次の単語を正しい順番に並べてみよう!!

( the,  last,  Wednesday,  week,  week,  before,  of )

さて、ここからカレンダーへとアクティヴィティが移行していき、


こんな感じ。
白紙のカレンダーの「今日」のところだけ印がしてある。

だれかが、どこかの日について英語で表現する。
それをだれかが当てる。

どこかの日に印をして、その言い方をいろいろ考える。
などなど。

そのうちこんなことになりました。
marry.jpg
カレンダーの横に、
Akako ちゃん
Midori ちゃん
Kuronosuke 君
Aonosuke 君
の絵が描かれています。

そしてその上には、、、

married, marry, devoced, devoce

結婚、離婚、の単語が!!!

この単語は、初めから全部書かれていたわけではなく、
必要に応じて、少しずつ出てくるんですけれど、
たとえば、Aonosukeを主語にして文章を作るのと、
Aonosuke and Akakoを主語にする場合と、
生徒の発言によって、必要な言葉を足していきます。
で、何をするかと言えば、カレンダーの言い方。

こんな風に↓ わははは。
Three days after Aonosuke married Akako on Monday the week before last, he fell in love with Midori.
( 先々週の月曜日にあか子と結婚した青之助はその三日後にみどりと恋に落ちた。)

calender2.jpg
四人の結婚、恋愛、離婚、ハネムーンのタイミングを
英語で表現してみよう!

今日より後の話、今日より前の話、
どんな順序で言うか。
何文でいうか。
さまざまにバリエーションがあります。

ダンさんはお茶目な先生ですね。

来年のワークショップは2月または3月の連休を予定しています。
ぜひご参加くださいね!


明日は来日中のアレクサンダーテクニークの師匠、
マーサ・ハンセン・ファートマンのレッスンについてレポートします!

☆☆☆レインボーラボのアレクサンダーレッスン☆☆☆

【個人レッスン】

中延:随時受付中です(ご紹介割引あり)
大泉学園:10月から毎週土曜日

【グループ・レッスン】
10月20日(日)音楽を楽しむ方のためのアレクサンダー@二子玉川
楽器が使えるレッスンです 定員5名 18:00~20:30 4,000円
場所:ふたこ音楽館

10月23日(土)体験アレクサンダーテクニーク @大泉学園
だれでも参加できます 定員5名 17:30~19:30 3,000円
場所:てあて整体院

11月2日(火)ダンスやヨガを楽しむ方のためのアレクサンダー@四ツ谷
動きのためのレッスン 定員6名 18:00~20:30 5,000円
場所:燕スタジオ 申込締切 9月末日

志保バレエでのグループ・レッスン @鷺沼
第一、第三 月曜日 20:30~21:30
第二、第四 火曜日 10:30~11:30 各回3,000円

各レッスンの申込は、安田ヨウコまでメールかお電話で。
お申込みのレッスン日、参加人数、連絡先電話番号とお名前をお知らせください。
rainbow.yasuda@gmail.com
090-9341-3255

 

サイレントウェイの英語五日目最終日

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: