[211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

すっかり涼しくなりました。
今日の午後の青空は美しかったです。

さて、サイレントウェイの英語五日間ワークショップ後半
が始まりました。

今日は後半の一日目ですが、
なんと早く一日が過ぎたことでしょう!!!

今部屋に戻ってパソコンを打っていますが、
まるでさっき家をでたようなきもち。

ものすごく集中したクラスでした。

今日のクラスの一部はこんな感じ。
P1010008-2.JPG
rods(木の棒)をビルに見立てて
表現します。

たとえば、
左に見える黄色のビルと茶色のビルの関係、
どんな風に英語で表わすでしょう?
間にある白い紙は道路のつもり。

いろいろ遊んでいくうちに、こんな状況が出てきます。
一つの状況にもさまざまな表現の仕方があり、
その中でも英語っぽい表現を探して改良していったりします。

ここから、道を挟んでビルが三つ、四つと増えていく。。。
さてどうやって表現する?

P1010017-2.JPG

ここでは、
This is longer than this, and this is, too.
This is longer than this, and this, too.
の違いを、動作で明確に表わすというアクティヴィティから、
either, both of , neither, all of---, none of ---, each, every
などなど、より複雑でより日常的な表現に広がって行きました。


わたしもまだ消化できていませんが、(>_<)
頭の中をシェイクされたような感じです。
この状態でいいんですね。
文章丸暗記しなくていい。
そして、どんなだったか正確に覚えていなくて大丈夫。
仕上げはよく眠るだけです。

そういう訓練をしているうちに、
講師のDonの言葉で言うと「水泳のように身につく」
つまり、レッスンの時はプールの中で何かしている。
その後は水から上がって水滴も落として
泳ぎ方を考える必要はない。

英語が堪能な安田ツヨシも腕組みをしながら格闘
していました。フフフ。

明日も楽しみです!

英語の先生も、英語が苦手なみなさんと一緒に
苦悩しながら(?)、でも楽しんで受けるこのクラス。
レッスンの後、ひらめきが強くなる気がします。

次回は来年の1月か2月を予定しています。
ぜひお見逃しなく!


☆☆☆レインボーラボのアレクサンダーレッスン☆☆☆

【個人レッスン】

中延:随時受付中です(ご紹介割引あり)
大泉学園:10月から毎週土曜日

【グループ・レッスン】
10月20日(日)音楽を楽しむ方のためのアレクサンダー@二子玉川
楽器が使えるレッスンです 定員5名 18:00~20:30 4,000円
場所:ふたこ音楽館

10月23日(土)体験アレクサンダーテクニーク @大泉学園
だれでも参加できます 定員5名 17:30~19:30 3,000円
場所:てあて整体院

11月2日(火)ダンスやヨガを楽しむ方のためのアレクサンダー@四ツ谷
動きのためのレッスン 定員6名 18:00~20:30 5,000円
場所:燕スタジオ 申込締切 9月末日

志保バレエでのグループ・レッスン @鷺沼
第一、第三 月曜日 20:30~21:30
第二、第四 火曜日 10:30~11:30 各回3,000円

各レッスンの申込は、安田ヨウコまでメールかお電話で。
お申込みのレッスン日、参加人数、連絡先電話番号とお名前をお知らせください。
rainbow.yasuda@gmail.com
090-9341-3255

 

サイレントウェイの後半第一日目

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: