[1]  [2]  [3]  [4

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

みなさんいかがおすごしですか?

なんだか急にまた寒くなって、雨が降ったり曇ったり。
こういうときに、太陽の光の偉大さを感じてしまいます。

曇り空の方が調子がいい人もいるし、私のようにくもり空だと目がさめない
というタイプもいます。
みなさんはどんなタイプでしょう?

バッチフラワーレメディの中に、「マスタード」というレメディがあります。
マスタードと言えば辛子。野生の辛子菜の黄色の花と種を使ったレメディです。

突然の憂鬱な気持ちに効果を示します。
なぜだかわからないけれども、気持ちがふさいでしまって、
「まっくら」な感じ。重い雨雲に覆われて急に雨に振られたような。
そんなとき、マスタードのレメディをとると、その暗雲を吹き飛ばしてくれます。

そんな気持ちに襲われてしまいがちなお天気ですが、
レメディを試すよいチャンスかも!?

今週の土曜日に「バッチフラワー体験セミナー」があります。
日時:5月17日(土)15時~17時 
場所:大泉学園駅近くの「てあて整体院」
受講料:5,000円(トリートメントボトル一本つき)です。
ご自分のレメディを作ってお持ち帰りください。

まだ数席余裕がありますので、お時間の許す方はぜひご参加ください。
(下記フォームから申込受付中!)

また、一対一でお話をしてご自分のレメディを選びたい方には、
限定3名で体験ミニセッションの枠もあります!

詳しくは、レインボーラボのホームページ”What's New"をご覧ください
http://rainbow.yasuda.googlepages.com/what'snew

お申込みは
フォームから http://form1.fc2.com/form/?id=281127
e-mailから rainbow.yasuda(at)gmail.com
または お電話で! 090-9341-3255

今回ご都合の合わない方には
6月7日(土)18:00~19:00
6月21日(土)15:00~17:00
にも同様のセミナーと体験ミニセッションがございます。

突然の雨降り
こんにちは!安田ヨウコです。

先日のレインボーラボのサテライトレッスン第一回
「入門!アレクサンダーテクニーク」では、参加者のみなさんに
「なんとも言い表せないいつもと違った楽な感覚」を体感していただいて
とても楽しいレッスンとなりました。

3名という少人数で、ちょっとお得なレッスンとなりましたね!
次回は5月27日(火)です。
平日ですので、土曜日に参加しづらい方にはチャンスです!
お申し込みはお早めに!


次回のサテライトレッスンは今週の土曜5月17日15:00~17:00
「バッチフラワーレメディ体験セミナー」です。
まだ定員に若干名余裕があります。

バッチフラワー、フラワーエッセンスにご興味のある方、試してみたい方はぜひご参加ください。

ネガティブな気持ちに効果のある植物の力「フラワーレメディ」ってどういうもの?
どんなふうに使うの?どのようにフラワーレメディを選ぶの?
などの基礎知識とともに、参加者の皆さんの体験から、どのようなレメディがあうかを考えたり、自分のレメディを作る実習など。

参加費:5,000円
(トリートメントボトル一本付きです。お持ち帰りになり効果を試してみてください。)
同日3名限定のミニ個人セッション(延長可)もありますよ!
下記URLご参照ください。

今回残念にも都合があわなかったかたには
6月7日(土)、6月21日(土)にも同様のセミナーがあります。
(申込下記フォームから受付中!)
詳細はホーム頁のWhat's New コーナーをご参照ください。
http://rainbow.yasuda.googlepages.com/what'snew

お申込みは
フォームから http://form1.fc2.com/form/?id=281127
e-mailから rainbow.yasuda(at)gmail.com
または お電話で! 090-9341-3255

では、お会いできるのを楽しみにしております!
サテライトレッスン第一回終了→次回はバッチフラワー体験
今日はバッチフラワーのセッションについてのお話です。
レインボーラボでもセッションをお受けしていますが、先日
私もプラクティショナーさんの所へ行き、セッションを受けました。
時々、今受ける時だなーと思ったときに受けに行きます。

フラワーレメディはバッチ博士が誰でも家庭で自分で使うことで
病気の原因となる心のアンバランスを整えられるように
という願いから生みだしたセルフヘルプのためのシステムです。

セルフヘルプのシステムなら、自分でレメディを選び、自分で
飲んでいくことで感情のケアが出来るはずなのに、どうして
プラクティショナーやセラピストのところで、セッションを受けるの?
という疑問がわいてきますね。

私は経験からこう思います。

私はレメディを一そろいもっています。勉強しているし、セッションも
行い、みなさんのお話を伺いレメディを選ぶのをお手伝いもします。

自分自身についてのレメディを日常的に気軽に選ぶ場合もあります。
こういうときはほんとうにレメディが重宝します。

ちょっと緊張する会合の前に飲んだり、朝起きて今日は気分が
落ち込んでいると感じたら飲む、のどがイガイガして異物感があって
気持が悪いなど、その時の状況にあったレメディを選んで飲むと、ふとした瞬間には
その気持がクリアになっていたりします。

しかし時には、自分自身の壁を超えるためにレメディを選びたい
と思います。自分の古い殻を破りたい時ともいえます。

なんとなく気持がしっくりしない。なんだかわからないけれども
どうも最近何かが引っかかる。そして、この引っ掛かりを越えることは
自分にとって必要だと思うような時や、ふと気づくとイライラしていたり
家族に当たっていることに気づいたときです。

それは、軽くこなせないようなイヤーな気持と向き合おうとするとき。

言葉に出して、或いは、態度に出して、その否定的な気持と向き合い、
どんなことで、どんな風に不快や悲しみや怒りや焦りを感じているか
を表現したいときです。

不思議なことにそういうときに、まるで鏡のように誰かがいて聞いている
という状況はとても助けになります。
1人でいるようで、1人ではない。安心できる空間が心の吟味を助けます。

他のエネルギーワークや、カウンセリングなどもそういうことなのだと
推察しますが、プラクティショナーやセラピストは、相手が自分を
語るのを聞いていますが、アドヴァイスしたりはしません。
その人が自分の道を歩んで、心の森を探検するのに黙って付き添って
行きます。

そのことによって、私は自分の気持ちを扱うことができます。
不思議なことです。
ただ、聞いている人がいて、その人は私の鏡になってくれる。
ということ。私が言うことをくり返してくれる。私が言ったことをもう一度
聞かせてくれる。それだけのことなのに。

誰かのためになるのに何かをする、というよりは、何もせず
存在するということがまず役立てる一つのことかもしれないと、
セッションの後思うのです。

そして、「聞く」ということの不思議。

プラクティショナーやセラピストは、
「ほんとうに聞く」ということを訓練します。
そのために長い内省と、自分自身と向き合う経験が必要となります。
フラワーレメディのセッション