[166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

こんにちは。

今日は朝一でなく、お昼に書いています。

朝一で書くと、あまり迷わないけれど、
これくらいの時間になると何を書くか迷うなぁ。

朝一で書くときは、
パカッと「缶」の蓋をあけて、
底の方に小さく張り付いているマイクロメモリ(なんじゃそりゃ)
を拾って解読するという感じがします。

で、今はお昼過ぎ、投票にも行ったしネット記事も読んだし、
ビッグイシューも読んだし、家事もしたし、、、

さて、何を書くかなと、「缶」をもったら
タップタップ
がらんがらん と音がして、
パカッと蓋をあけると少々ガラクタがたまってきている感じ。

どんなガラクタが入っているのかな~♪

***

さて、
選挙の後、ツヨシは太極拳にでかけました。
そこで、わたくしは一人優雅に
クラッカーとチーズにスライスきゅうりを用意して、
蜂蜜みそとバターを薄く塗って、サンドっ!
このとき、

クラスターーーーっ!インっ!とか
オートチェンジャブル!完了!とか、

(文法的にも意味的にも訳が分からないけど)

なにか叫びたくなったので、
これはかなり自分的な幸福度が高いナ、とわかりました。
(もう少しまともな掛け声を思いついた方、教えてくださいね。)

バターと蜂蜜みそを半分半分に塗ったり、塗らないところを作ったり、
バターなしでチーズだけ置いてみたりと、
さまざまな味を堪能し至福の時を過ごしましたのよー。おほほ。

***

以上***で囲まれた部分は、
安田ヨウコの「中の人」が出てきてますね。

「わたくし」というのは、安田ヨウコの中の人「山下月子」ということで
今後お見知りおきください・・・。
(ツイッターで高橋源一郎さんが、「ぼく」と「おれ」を使い分けていたので
あ、これでいいのね。と思って私もこの方法を採用します。)

突然文体がかわったらこれです。憑依ではないです。


***

カーラ・ブルーニーの表紙のThe Big Issueを拝読。
仏大統領夫人で元スーパーモデルで歌手なんてすごいな。

ツヨシが、この人は活動家としても活躍しているのだ。
と、なぜか自慢げに言っていたので、彼女のインタビュー記事を読む。

なるべく英語の部分を読んでみようとがんばってみた。
すると、わからない単語の数が限度を超えると
文章がわからなくなることがわかった。

そこで、ひとつだけ教えてもらえるならどの単語の意味を知りたいか
と思いながら読んでみた。

「marginal marginalisation, marginalized」
という単語が知りたいと思った。
元は境界とか、限界とか、そういう意味だということはわかるけれど、
この文章では何なのかな。あとで日本語の文を見たら
「社会的弱者の疎外」とか「困っている人」と書いてあった。
なるほどね。

記事は、カーラさんは、自分の立場とキャリアによる
社会の注目度をうまく利用して、社会をよくするための
活動をしているという話。

彼女のチャリティ財団は経済的に恵まれない若人のために
文化に触れる機会を与え、アートの道に進むべき人に
奨学金を与えるという活動と、
文盲の人を助ける活動を目的としている。

貧しい人にも一流の文化に触れる機会を与える
とトップレディの財団が考えるところは
事業仕訳で文化的補助金を削られていくのが
問題となっている日本の感覚と全くちがうな。

それとも、これは個人の事業だからなのか?
そうだとしても、個人でこれだけアピールできる力がある人が

「それで困っている人を助けられるか?」という質問に対して
「文化は具体的な財産と同じくらい人生を豊かにしてくれる」
と言い切るところ、さすがアーティスト。

☆☆☆レインボーラボの7月(^_-)-☆☆☆☆

現在募集中の7月のワークショップ
 7月19日リビング・イン・ア・ボディ1-Dayワークショップ
  人気の解剖学ワンデイコースです。講師は石坪佐季子さん!

 7月24日入門!アレクサンダーテクニーク
  定員5名の小クラス。経験者の方も参加できます。日常的な身体の使い方から苦手な動作まで。

 7月28日ダンスやヨガを楽しむ方のためのアレクサンダー
  定員8名のグループレッスン。四ツ谷の燕スタジオさんで行います

個人レッスンは随時受け付け中です


ガラクタにもほどがある。

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: