[343]  [342]  [344]  [346]  [341]  [340]  [338]  [337

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

レインボーラボより 謹んで新春のお喜びを申し上げます。


昨年中はお世話になりありがとうございました!


今年もよろしくお願い申し上げます!

---------------------------------------------------------------------------------------

昨年末から新春にかけて、レインボーラボのFacebookページに連載中のコラムです!


アレクサンダーテクニークなどのこと、2月に東京でワークショップをするブルース・ファートマンについてご紹介します。



【ブルース・キャンペーン-1】


ブルース・キャンペーンとは何か!!!!!
【2017年2月初頭、東京に来る個性的なアレクサンダーテクニーク教師ブルース・ファートマン。安田ヨウコがブルースを宣伝するんでしょ?と思いきや、そうではなくて、ヨウコのつぶやきにブルースを「ちりばめる」というキャンペーン企画】


------------
さて、足ですよ。


週に1回、1時間とすこしだけ、バレエを習い始めました。
バレエの生徒さんにアレクサンダーテクニークを教えているので、バレエってどういうからだの使い方なのか?という素朴な疑問から。


これが毎週3-4回通っていたら、おそらく来年はトウシューズで舞台に立っているはずの私だと思っています。(わははは。先生はこれ読んでないでしょうから何でも言えます。わははは。)


周りの生徒さんがどんどんバレエチックになっていくのをチラ見しながら、私の興味はどんどん深まって踊らなくてもからだの感覚や動きを味わうので満腹的な感じになってきました。(先生ごめんなさい)


そんな、方向がずれた私ですが、バーレッスンの一つ一つを、足首回しからすごーく丁寧にやっていくと、足がまっすぐになってきました!!!!


恰好などは、あまり気にしない私ですが、ちょいとうれしい。
このまっすぐになっていくという過程は、自分の習慣的な筋肉の使い方を解いていき、そもそもの通り道にエネルギーが通るようにするというものだと理解しました。


足首回し(足をぐるぐる回す)一つにしても、
ただ動かすのではなくて、その先のアンデオール(見た目つま先が外を向いた状態。それに足とからだ全体が調和しつつ長く伸びた状態。バレエの基本的な使い方)につながっていくような、


普段の日常生活では気にしないようなところまで意図をもって動かします。
すると、それだけでも、足の自由さが、ひざ下や大腿や、股関節によっていかに邪魔されているかということがわかります。


上の方の、力強いところが割合的に小さな足部の邪魔をやめていくと、不思議なことに足の微妙な動きが体幹(背骨の方)にダイレクトにつながっていき、


足回してるだけなのに、体がぽかぽかしてなんだかしゅっとしてくる。


いやー、文章で書くと長いですね。
まあ、そういうことで、足部が、レッグ(脚の上の方)によって、制限され、自由を失っていることがとてもよくわかるのです。


で、ブルースですよ。
ブルースのワークショップを私が初めて受けたのは、もう15年くらいかな?昔になります。


アレクサンダーテクニークの先生の石坪佐季子さんの個人レッスンを何年か受けて、教師になろうと決意して、じゃあ、先生の先生がワークショップをやるからというので、受けてみました。


その時、ブルースがどんなことをしていたか、はっきり記憶していないのですが、
なぜか、足のことをたくさん教えてくれたんですね。


みんなが歩くところをすごく研究していました。


何してるのかな?


というのが、その時の感想でした。
ぼさっと立って、当然のように「止まる」ということをしている生徒の足に
ブルースが地面に四つん這いになって触れていました、
足の感覚なんて、当時はすごく遠くの辺境の地、というような感覚しかありませんでした。


しかし、あれ?という間に、私の足は自然に歩きだしています。


思えば、それはとても象徴的なことでした。


ぽさっと当然のように「一生懸命に止まって」生きていて、
ブルースが足に触れて、おや?という感覚があって、「歩きだした。」ということ。


ブルースのワークって、そういう感じかもしれない。
アレクサンダーテクニークの先生はいろいろな方がいて、それぞれのアプローチが多少違っていて、そこが面白いと思う。小さなことを積み重ねて体の中も心の中も変わっていくというのもある。


ブルースでは、あ、わたし、変われるんだ?
と、目の前の景色がぱっと変わるようなことが起きた。


自分が生きる為に、自分で立つために、当たり前にしている努力を、
ふっと、外すことで見えてくるもの。


そして、それがあったら、自然に歩みだすことができる。


もちろん、聖人ではないですし、(ここでいうことか?)
すごーく人間臭い人です。(マイケル・ジャクソンを音痴に歌っていました)


だけど、ブルースは、当たり前のすごいことに気づく、
そんな贈り物をしてくれました。


足の自由を思うにつけ、そのことを思い出しました。


いい写真をもらったのでそれと共に。


--------------
☆ブルースのワークショップ 


2/4 一般向けワークショップ(どなたでもどうぞ)
http://kokucheese.com/event/index/445204/


2/5 トレイニー・教師向け(どんなスタイルの方でもどうぞ)
http://kokucheese.com/event/index/445573/


2/1,2,3 個人レッスン
http://kokucheese.com/event/index/445393/

-
-------------
安田ヨウコと仲間たちのレッスン


☆1/21 アレクサンダーテクニークの手軽な体験レッスン
http://kokucheese.com/event/index/444263/


☆2/11 知って実験!アレクサンダーテクニーク
体験ワークショップ&グループレッスン
http://kokucheese.com/event/index/445280/


2月ブルースが来ます!—ブルース・キャンペーン-1

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS