[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

レインボーラボのアレクサンダーテクニーク教師安田ヨウコです。

ロルフィング、フェルデンクライスメソッド、アレクサンダーテクニークの先生が三人で行うこのワークショップ「快適でバランスのとれた心と身体に②」に行ってきました。場所は朝日カルチャーセンター新宿校。

アレクサンダーテクニークの師匠の石坪佐季子先生のお手伝いだったはずだが、それほど手伝いもなく、内容に集中してました・・・。

第二回になるこのワークショップ、とても興味深く刺激的。
今回は「座る」と「大腰筋」が主なテーマでした。

前半「座ること」についてアレクサンダー、ロルフィング、フェルデンクライス、それぞれの考えやワークを紹介。
アレクサンダーテクニークの肝である「頭と脊椎」の関係と動きの観察の実験、足との連動について参加者の疑問がでて、そこからロルフィングで坐骨と大腿の関係のワーク、そして、フェルデンクライスのATMと呼ばれるワーク、みんなで目をつぶって身体を動かす。これだけでもかなりリッチなクラスですよね。

途中、質疑や感想がまた話を深めたりするのがよいです。

最後に、腸腰筋を使ったワークのデモンストレーション。佐季子さんが代表してアレクサンダーテクニークのワークを行いました。立っているところのワークから、横たわった状態から腹筋をギュッとしないで起きるなどの動作へ。力使わなくても起きられる!というのが目に見えてもわかりました。

☆☆☆

日ごろ自分が行っている一つ一つのレッスンでも興味深いことはあるけれど、こうして他の視点からでてくる質問、それに対して答える人の説明、理由をきくと、さらに新しい興味深さが生まれるし、陰になっていたことに光が当たる感じがします。
一つ一つのワークで感じたこと。

☆さきこさんのアレクサンダーの紹介は、いつも勉強になる。さきこさんがどんな時も「考え先行」(アレクサンダーでいうところのエンドゲイニングですね)にならずにいつも自分の「今ここ」に立ち戻って確認することを怠らないのがよく見えた。さすが。

自分以外の先生によるアレクサンダーの紹介の仕方や捉え方を聞くと新しい観点ができる。参加者や藤本さんの質問に答えているのを聞くと、なるほど、と思ったりして、もう一度新しくアレクサンダーを考えることができた。今も考えている。

はっきり思ったのは、身体を通じて学ぶということは、一回一回の体験から起こることなんだけど、常にその一回で何かを解決していくようなものではないということ。
つまり穴埋め問題を一個といて、答えわかった、じゃあ次、ではない。

人が学習する、つまり、変わるというのは、一度変わったからおしまいではないんだなということ。
変わるために役立つ力、それは今までそれほど使っていない身体の感覚を含めた気づきなのだけれど、それを目覚めさせるところからレッスンは始まるってことかな。初めの時点では、答えわかった!はなくても進んでいるんだよね。答えわかりたい!という考えを静かにさせることがまず変化だったりする。

☆フェルデンクライスメソッドの伊賀先生の話、おもしろかった!
頭であまり理解しようとしなくても、赤ちゃんは自分の体の感覚を観察していることで、いろいろなことができるようになっていくのだから、人間は、動きの体感を通じて頭ばかり使わなくても学んでいけるんだというくだりなど、ガテーニョ・アプローチと同じこと言ってるー!すごいー!と思いました。そして参加者の方の「でもやはり理解したい」という正直な気持ちが、またリアルで、考え深いテーマだわと思いました。

そして「こういう学び方を今も自分はできるかな?」と言う意見がでていたのも面白かった。大人になると赤ちゃんのように学ぶことが難しく感じるもの。ガテーニョが世に広まらないのもそこに課題がありそう。

学び上手な人はどんどん自分で学んじゃうからあまり関係ないのかもしれないけれど。でも義務教育の悪い面「答えをすぐほしくなる呪い」にかかっている人が、自分自身の学びの原動力を取り戻すのには、「考え先行」をやめて動きと感覚に立ち戻ることはとっても大事だと私は感じている。
☆ロルフィングの 藤本靖先生が最初に行った、ボディワークの概略(ストラクチャー、ファンクション、パーセプション、ビリーフと四つの区分け。こうして羅列してもなんだかわからないと思いますが、藤本さんのクラスを受講してぜひ質問してみてください。)が秀逸!
そこから、アレクサンダー、フェルデンクライス、ロルフィングのアプローチを見たらわかりやすく、かっこいい!
ワークもそうですが、整理されているけれども、その上で生身の複雑さにもフィットする。さすが筋膜!!という書きながら自分でも謎の印象。
整理されているし、網の目のように体中を網羅しているものだから、耳ひっぱりなどのすぐにできそうなアイデアを工夫できるんだろうなと思った。

☆☆☆
心にひっかかったのは、
伊賀先生「違いを感じていたら変わる、いろいろな体験が熟成する」
藤本先生が言っていた「介入」という言葉。
長いね!?
今日のブログは長いね!?

-*-*-*-*-レインボーラボよりお知らせ-*-*-*-*-
ダンスとアレクサンダーテクニークのワークショップ参加者募集中!
「ダンス編!知って、実験、アレクサンダーテクニーク」

11月29日(土)ダンスを習う人向け
11月29日(土)バレエキッズ、ジュニア向け
11月30日(日)ダンスやボディワークを教える人向け

セラピースクールGYREで受付中
11月29日(土)12月14日(土)
心を癒す植物のエッセンス:バッチフラワーレメディを紹介するワークショップ
アレクサンダーテクニークとロルフィングとフェルデンクライスのワークショップに行ってきました。
からだとこころを楽にするレインボーラボのアレクサンダーテクニーク教師安田ヨウコです。

☆☆☆

アレクサンダーテクニークの人は「doをやめる(non-doing)」ということを大事にする。
でも、やめすぎのことがあるのではないかと最近感じる。

生きているということはdoなのかな?
生きているということは何かしらの方向性があると最近思うようになった。
それを邪魔しないのがノンドゥーイングで、
それはまったく何もしないということとは別のこと。
生きていたら何もかもを完全にやめることはできない。
だって生きてるもん。
生まれた時からじっとしていない命の持つエネルギーを止めようとするのとは違う。
生きることに伴う方向性を完全にやめるというのは、
それこそものすごくエネルギーがいるよね?
無理やり死ぬって大変なエネルギーを使う仕事だものね。
死ぬまでいかなくても、
ただ命を押し付けて動かないように封じ込めてしまうこともあって、
それは大人なら、わりと誰でも、単純に、当然のようによくやっている。
でも、封じ込めたら中でエネルギーがたまって吹き出し口を求めて問題が起こる。
命を見失うと、それがその人の持ち味なのだなんておもったりする。
でもほんとうにそうなのか、それは当人にしかわからない。

生きるということがdoかどうかわからないけれど、
それがアクティヴなものだということは感じる。
ほんとうは今まで時々しか感じていなかった。
それを感じたいような感じたくないような気がしていた。
それは私が、自分の命を動かないようにしていたからかもしれない。
邪魔をやめたらその動きが感じられるのかもしれない。

人間は植物的要素のみではできていないから、当然動くよね?
動きというのがもともと組み込まれている。
動くということは意志のあることだと思う。
意志を持って動くことがdoingだとは思わない。

でも、動きだすといつの間にかそれがdoingにとってかわられる可能性がある。
習慣や思い込みや技術やいろいろなものが先行して、
これまたよくあることだが、いつのまにか命の方向性を見失う。

生きていることの方向性のみにしたがって生きたとしても、
命は違うからその道は様々であるのに、
道に迷うと、だれかの知恵を借りたくなる。
でも本当に知恵があるのは自分の命かもしれない。

自然に死ぬ、というのは、
生きているという何かしらの方向性が
死という方向へかって収束したその時点で起こることなのかなと思う。
ジーン博士のイサドラダンカンダンスのワークショップで、
ハートの形のムーヴメントを踊った。

ハートの形をなぞると、中心から上に外に向かって放たれていき、
空間を抱いてなだらかな旅をして重力の方向へ降りてきて、
地の中心に収束する。
そのような感じ。
それから、ハートの形には二つの部分があって合わさっており、
受け入れる愛と力ある勇気と合わさっているという話もあって、
単に何もしないで流れに任せるというだけがnon-doingなのかな?
という疑問に対する、ヒントをもらった気がした。
WILLというのが人間にはあるということを改めて感じている。

いろいろなやりすぎを取り去ったとしても、
そこには意志が残る。
今生きている自分、という意志。

→→→

11月29日(土)子供・ジュニアバレエのためのアレクサンダーテクニーク
11月30日(日)ダンスをする人のためのアレクサンダーテクニーク
11月30日(日)ダンスやボディワークを教える人のためのアレクサンダーテクニーク
行います。詳細はこちら 


doingと生きること

☆10月開講!NHK文化センター練馬光が丘教室のアレクサンダーテクニーク講座


☆10月開講!朝日カルチャーセンター横浜のアレクサンダーテクニーク講座


---------------------------------------------------------

アレクサンダーテクニーク教師の安田ヨウコです。

少し涼しくなり気持ちのよい頃となりましたね!

さて、今日はお知らせが二つ。

一つ目
毎月二回、定期的にレッスンをしている横浜の朝日カルチャーセンターさんで、
ただいま「ダンスフェス」を開催しています!

数々のダンスクラスを公開したり、予約不要、無料でお試しできる太っ腹な企画です。

その一環として、今週末は


特別講座「ダンスのためのアレクサンダーテクニーク」を担当します。(ここだけの話ですが、素敵アシスタント二名も参加します)


短い時間ですが、ちょっとしたコツで、ダンスの動きをレベルアップしよう!


9月27日(土)10:30-11:30

横浜駅のルミネ8階 朝日カルチャーセンター横浜教室にて

予約不要です。当日早起きできたらぜひご来訪ください。

参照URL(PDF)

☆☆☆☆

二つ目は、セラピースクールGYREの秋のイベントのお知らせです。

毎年、ご好評いただいているGYRE講師による盛りだくさんのイベントです。

セラピースクールGYREイベント

【開催日】 2014年10月13日(月)祝日

【時間】 10:00~16:00(最終受付け)

【入場料】 無料

【会場】 東京都世田谷区 「ソフィアホール」 4F 

(自由が丘駅南口より徒歩3分)
安田ヨウコは二つのセッションで参加します。

☆からだとこころを楽にするテーブルレッスン

☆バッチフラワーレメディ・セッション

詳細は「セラピースクールGYRE」のウェブサイトへ!


☆☆☆☆

どこかの会場でお会いできるのを楽しみにしています!
ご来訪の際は、お気軽にお声かけくださいね!

レインボーラボ 安田ヨウコ
ダンスフェス無料講座「ダンスのためのアレクサンダーテクニーク」ほか

7月8日から、朝日カルチャーセンターでアレクサンダーテクニーク講座7月期が始まります。
4月期から「道具、楽器を使う」ということをテーマにアレクサンダーテクニークを紹介しています。初めての方大歓迎です。
詳細・お申し込み↓朝日カルチャーセンター 横浜教室
「アレクサンダーテクニークー道具や楽器を楽に使うための身体」
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

アレクサンダーテクニーク教師の安田ヨウコです。

5月末から、研修でフランスのブザンソン、そしてブクランという町を訪れました。

車窓から見える豊かな麦畑に目を休め、この街に来て広い川と緑豊かな公園や街並みに心を休めてきました。

たびたびこちらでもご紹介している安田ヨウコが一押しする語学学習法「サイレントウェイ」の恩師であるロズリン先生に会う旅です。

アレクサンダーテクニーク教師として、そしてサイレントウェイ東京のスタッフとして、
私たち人間が普段当たり前のようにしていることを、どのように学んできたかを観察することはとても興味深いことです。

ロズリンさんはまさに観察の達人。一緒にいるだけでこちらの観察眼のくもりがピカピカに晴れてくる感じがしました。

とってもリフレッシュした旅でした。
旅の写真など、時折アップしていきたいと思います。

まずはこちら、

SASスカンジナビアン航空の客室乗務員さんです。
あまりにかわいいコスチュームだったので写真を撮らせていただきました。

今回、幸運なことに行きはビジネスクラスに搭乗することができ、
人生最初で最後かもしれない居心地よい空のたびを楽しんできたんですよ。
いや~極楽極楽。

留守番だった夫が嫉妬するので、詳しくは書けません。。。

で、つきました。初コペンハーゲン!
 
いきなりこんなにスタイリッシュ!北欧はデザインの国!!!!
ついたなりおしゃれです!!!!!!
トイレの前でこれ。テンションアップ!

↓デザインよし、機能的なカート。惚れました。

 
天井がガラスの待合室。
左に見える女性がイヤホンでお電話中のようで、なにやらおしゃべりしていましたが、あたりまえですが、デンマーク語なのでチンプンカンプンであまりにおしゃれなデザインに当てられていたため、宇宙語に聞こえました。

フランスの人もデンマークの人もイヤホンで電話している人をよく見ましたよ。

そして、やたらと幅を利かせるセブンイレブン。町にもたくさんありました。


旅の終わりにはコペンハーゲンの町に滞在しましたが、
街中は歴史ある街という風貌でした。
空港だけがこんなにスタイリッシュなのかっ???

というわけで、久しぶりの外国だったので、かなりわくわくしていた私でしたとさ。

つづく


フランスとデンマークに行ってきました。-1
アレクサンダー・テクニーク教師の安田ヨウコです。

以前は「アレクサンダー・テクニークを教えています。」というと、
十中八九、相手の人は「?」という表情になるので、
「身体の使い方を学ぶもので・・・、」とか、
「その人にあったバランスを使って楽に動く方法を学ぶもので・・・」
「身体がやわらかく楽になる方法を学ぶもので・・・・」
「やりすぎをやめることで効率よく心地よく動くことを学ぶもので・・・」

などと、相手にイメージできるような説明が必要でしたが、
最近は、アレクサンダーテクニークもだいぶメジャーになってきたようです。

朝日新聞の日曜版の逆風満帆という特集で三週に渡り
アレクサンダー教師でそれ以前にジャズヴォーカリストである鈴木重子さんが紹介されました。
ひどい腰痛に悩んだときに出会ったアレクサンダーテクニークで声も変わった経験が書かれています。(全文を読むには登録が必要です)
http://www.asahi.com/articles/ASG414QJ7G41UCFI001.html
http://www.asahi.com/articles/ASG4C127SG4BUCFI00V.html中
http://www.asahi.com/articles/ASG4C01S2G4BUCFI00T.html
ノン・バイオレント・コミュニケーションにも携わる重子さんの歌声、たたずまい、ほんとに素敵な方なのです。

生徒さんの中にも、朝日新聞にアレクサンダーが載ってました!
とうれしそうに報告してくださる方がいまして、おお!と思っていたところ、

なんと、
今日はテレビ番組のドラマにアレクサンダーテクニークが出てくるというのです。
すごいわ~!時代は変わった!
TBSのゴールデンタイム二放映される「隣の女」という高島礼子主演の犯罪ドラマだそうです。
→詳細:大阪で活躍中のアレクサンダー教師の山口裕介さんのブログ


・・・ほうほう、短いせりふでアレクサンダーを説明している!?
どんな風に説明しているのか、私もじっくり観察せねば。

アレクサンダーって何?と思っている方が、
アレクサンダーテクニークのレッスンを受けてみると

「ああ~、そうか~!なるほど~」とおっしゃることが多いんですよね。

でも、それがどんな風かを言葉にしたり、
人に説明するのがするのが難しかったりします。

私なりに考えたその理由ののひとつは、
おそらく、

アレクサンダーテクニークで思い出すからだの根本的な安心感と心地よさというのは、言葉を獲得する前に獲得したものであるからではないかな。

私たちが赤ちゃんのころ、手足を自由に動かせるようになり
四足のハイハイを自在にこなし、自分の身体と最高に上手にコンタクトをとり続けていたころ、
次のエキサイティングなステップとして、すわり、たち、歩き、という革新的な変化を起こしたとき、
きっと、このような心地よい、統合され、バランスの取れたからだの使い方をしていたでしょう。

その心地よい動き、それが自分、それが自分のからだの動きだったんですよね。

アレクサンダーテクニークで得られる心地よさのような感覚は、
言葉を話す前に、自分の感覚として親しんできたその感覚なの
ではないかなと、思います。

言葉と頭が率先して判断し、表現する前の感覚。

いつの間にか失っていたこの感覚、それをまた自分の中に見つける。
それがアレクサンダーのレッスンなのではないかと思っています。


!!!!!!!!!!安田ヨウコのアレクサンダー・テクニークのレッスンなど!!!!!!!!!!!

個人レッスンは通常通り行っております。
(ウェブサイトから。工事中ですみません)

志保バレエのアレクサンダー・テクニーク グループレッスン
「志保バレエボディコンディショニングスタジオ」 田園都市線「鷺沼」
5月13日、27日(火)6月10日、24日10:30~11:30
5月7日、21日(水)6月4日(代講)、21日9:00~19:30(19:30~20:00はバーレッスン)小学生参加可
ビジター料金 3,000円(税抜)
「道具を使う人のためのアレクサンダーテクニーク」
朝日カルチャーセンター横浜教室


「自分でできるからだのケア アレクサンダー・テクニーク」
NHK文化センター光が丘
安田ヨウコの個人レッスン
随時受付しております。

セラピスト養成スクールGYRE説明会
6月11日

7月、安田ヨウコがお勧めする不思議なセラピストスクールが開校します。
カリキュラム見るだけでわくわくです!


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

お申し込みは上記リンクよりお願いします。
むずかしかったら安田ヨウコへ直接メールくださいませ。
rainbow.yasuda@gmail.com

Enjoy your holiday!!



アレクサンダーテクニークの心地よさが説明しづらいのはなぜか