[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索


昨年からFacebookページに連載しているコラムです。

----------

【ブルース・キャンペーンー2】


ブルース・キャンペーンー1がやたらと長かったので、挫折してしまった方もいらっしゃるかと思います。今回はそうでもないかと思いきや、、、!


☆ブルース・キャンペーンとは!?
安田ヨウコが書きたいことを書きつつ、ブルースを紹介するという企画。


ーーーーーーー
今日、30年ぶりにあった人に、仕事何してるの?と聞かれて、


①効率よいからだの使い方なんかを教える仕事


と答えた。
いつも、アレクサンダー教師という仕事をなんて説明したらいいの悩むんですよね。
だいたいこれだけだと、体操とか?ヨガとか?なんて言われる。


②無駄な力とか癖とかをやめて、からだの機能の効率がよくなる方法を教える仕事


と、ざっくり言うこともある。


でも、どちらもぴったりの答えではないので、なにかもじもじしてしまう。そして、


③アレクサンダーテクニークって言うんだけどね。


と、言い訳っぽく次に言うと、


「え???」と聞き返されることが多い。
でも、最近は、「聞いたことあります」という場合もある。そういう時はちょっとうれしい!


でも、こうして書いてみると、アレクサンダーについても、コミュニケーションとしても、自分はなにも答えていないのだなと気づいた。


質問に答える時にこそ、私がアレクサンダーテクニークを使ってみたらどうだったかな?


①まず、「相手の理解しやすい言葉で、自分の仕事が簡単に分かりやすく伝わるように言わなければ!」
という気持ちを手放す。


②次に、首を楽にして頭が上の方に自由に行けることを思い出す。
すると、からだ全体の感覚が生き生きしてきて、相手を見ながらそうしている。


③「習いに来る人が、生活や仕事などで、自分のことを大事にしつつ、世の中と関わるコツみたいなのを見つけるサポートをする仕事。」


と、いまは言いたい。


ブルースに「初めてあった人に、あなたの仕事はなんですか?」と聞かれたとき、なんて説明しているの?と聞いたことがある。(他の先生にもよく聞く質問)


ブルースは、その時


「聞いてくれてありがとう。」とまずいう。と言った。
そして「あなたは何をしている人ですか?」


と聞くと言っていた。質問を質問で返すの?とか、そういうことはさておき、なるほどなぁ。と思った。まず相手に興味を持って、その相手の職業とか、していること、興味を持っていることに結び付けてアレクサンダーテクニークを説明するということなのだった。今聞いたら違う答えかもしれないけど・・・。


ブルースの系統(といっていいのかわからないけれど、私が主にトレーニングを受けてきた系統というのかな)のアレクサンダーの先生は、相手に興味を持つということを特に大事にすると思う。


なので、ハンズオン(アレクサンダーテクニークのワークで教師が生徒に触れる方法)もそんな風になる。


「あなたは何をしている人ですか?」という聞き役の手。


人それぞれかもしれないけれど、多くの人は、自分の話を聞いてらいたいのではないかな。


そして「聞いてもらいたい話」は、実は「自分が自分に対して話したいこと」であったり、「自分のことを自分が聞きたい」のだったりするのではないかな。


それほど、自分のことを聞かずになんとなく習慣的に物事をこなしているということもあるのだ。


それで、ハンズオンワークを受けると、自分のことが分かるのだ。
だから、当然のようにしていることの中に、ほんとうは望んでいないこと、そして、やめたり、手放したりできることがあると気づくのかもしれない。


言葉で説明できることは限りがあって、実際に現場で起こることとはイコールではないけれども、体を通じることによって、頭でっかちにならずに、心からの表現ができると思う。


だから、何にでも役に立つものなので、説明しづらいのでもある。


今日は少し、抽象的になりましたな。


--------------
☆ブルースのワークショップ


2/4 一般向けワークショップ(どなたでもどうぞ)
http://kokucheese.com/event/index/445204/


2/5 トレイニー・教師向け(どんなスタイルの方でもどうぞ)
http://kokucheese.com/event/index/445573/


2/1,2,3 個人レッスン
http://kokucheese.com/event/index/445393/
--------------
私と仲間のレッスン


☆1/21 アレクサンダーテクニークの手軽な体験レッスン
http://kokucheese.com/event/index/444263/


☆2/11 知って実験!アレクサンダーテクニーク
体験ワークショップ&グループレッスン
http://kokucheese.com/event/index/445280/


2月ブルースが来ます!ブルース・キャンペーン—2
からだとこころを楽にするレインボーラボの安田ヨウコです。私も一枚噛んでいる(そんなのばっかりですが)ワークショップのご報告です!

-----

今週祝日の月曜は「ダンス編!知って実験!アレクサンダーテクニーク」のワークショップでした。

今回はフラメンコとバレエの方が参加!

最後のアクティビティでは、実際に躍る状況で実験し、

ピルエットがあらっ!?回れる!?って感じになって
→自分がまわる邪魔をしている何かに気づいたり、

左右の違いが気になっていた人が、
→左右の違いに集中することから離れて、大きな全体の繋がりに気づいたら解決の糸口につながったり、

肩が痛かった人は、
→痛いときにどんなことをしているかを観察したらヒントが!!

そして、お腹を引き上げたところでステップしたかった人は、
→引き上げようとすることで、要らないことをしていたことに気づき光明が!

という感じでした。

ここでは、さも問題解決!って感じに書きましたが、それは分かりやすく目に見える結果であって、できるかできないかはあまり注目しすぎなくてよいのです。

アレクサンダーテクニークが関わるのは、結果までのプロセスのところ。そのアプローチは本や文を読むよりご体験いただくのがベストだとおもいます。(*^^*)

結果として、上記のようなことがわりとよく起こります。起こらなくても、それまでの邪魔を減らすことはできるのです。

☆☆☆

ワークショップは、大木亜紗子のイントロセッションからはじまり、河口志保のナビゲートで、


アレクサンダーの紹介、
日常の動作や、気持ちと動きの観察、
ハンズオンワークで開いた感覚でいる実験

などを経て、

体全体の感じ、

頭と脊椎の感じ、

バーを使った軸感や足の感じなどなど、

時にじっくり、

時にたのしく賑やかに、

動きや、感覚や、自分を感じる体感を探求しました。

このワークショップは何が出るかわからない面白さがあって、みなさんそれぞれの「自分の中の発見」を大事にします。ダンス編だけど歌を歌った人もいました。

ナビゲーターの我々にも、毎回よい刺激と気づきがあって、

教えるというスタンスでなく、一緒に発見していくプロセスをいつも楽しみにしています。

ぜひ一度、(もちろん何度でも)お試しください。

知って実験!アレクサンダーテクニーク事務局一同

- - - - -





ダンス編!知って実験!アレクサンダーテクニーク
からだとこころを楽にするレインボーラボ アレクサンダーテクニーク教師の安田ヨウコです。

7月スタート、7月開催のアレクサンダーテクニークのグループレッスン情報です。

★ワークショップ

踊りのワンステップアップ!ダンスのためのアレクサンダーテクニーク
「ダンス編!知って実験!アレクサンダーテクニーク」のシリーズです。ダンスを習っている人、教えている人を対象としています。

バレエダンサーでアレクサンダー教師の河口志保の「妖精のようで男前(?)」なリード

かっこいい大木亜紗子のアシスタント、

ゲストは踊れる整体師の荒木靖博さん、

そこで安田ヨウコが、

さながら甘海老・アマダイ・ノドグロの横の刺身のツマとしてお送りするワークショップ!

7月20日(月祝)14:00-14:45 イントロ 15:00-18:00 本編

場所:志保バレエボディコンディショニングスタジオ(田園都市線鷺沼駅から2分)

簡単な動作をバーを使って体感してみるコーナーもあります。どんなダンスのジャンルでもOK!
詳細・申込→ http://www.rainbowlabo.com/#!ws/c12em

★グループレッスン

朝日カルチャーセンター横浜教室 7月期 受付募集中!
毎回発見のあるしみじみしたクラスです。
継続受講生と、初めての方がいい具合にブレンドしています。
当日体験、当日入会も可。お気軽にご参加ください。

「アレクサンダーテクニークでごきげんな私になろう!」
7月14日(火)スタート。五回シリーズです。今回はスケジュールが不定期です!
https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/3c550e98-6269-547d-4c12-54c208d75b69

★個人レッスン

随時受け付けております。お気軽にお申込みください。
1回 40分 5,000円
月三回以上の方は月謝もあります。

---------
以上、アレクサンダーテクニークは続けることで使えるようになります。
久しぶりの方も、初めての方も是非ご来訪ください。

安田ヨウコ
からだとこころを楽にする レインボー・ラボ
アレクサンダー・テクニーク/バッチフラワー/サイレントウェイ
URL: http://www.rainbowlabo.com
ブログ: http://rainbowlabo.edoblog.net/
e-mail: rainbow.yasuda@gmail.com

7月開講、7月開催のアレクサンダーテクニーク グループレッスン
からだとこころを楽にするレインボーラボ アレクサンダーテクニーク教師の安田ヨウコです。

セラピースクールGYREの企画でバッチフラワーレメディの紹介講座を行います。


★バッチフラワーレメディ体験一日ワークショップ


バッチフラワーレメディをご存じでしょうか?
フラワーエッセンスはいかがでしょう?
 
ぜんぜん知らない方、
聞いたことはある、
自己流で使ってるけど今一つよくわからない、
  ---という方にピッタリのワークショップです。
 
バッチフラワーレメディはフラワーエッセンスとも呼ばれ、
英国生まれの医師エドワード・バッチ博士が開発した植物のパワーをつかった自然療法です。
心のアンバランスを解消します。
 
レメディ、エッセンス、という名前そのものがハテナ?
という方もいらっしゃると思います。
 
バッチフラワーレメディは、アロマの様に香りを楽しんだり、
オイルのように、身体に塗ったりするものではなく、
 
なんと、その正体は「水」
 
それを、お茶などに数滴入れて飲みます!!!!
 
 (@_@;)ええっ!!!!???????
 
はい、私もはじめそう思いました。「飲むの?」
水を飲んで、この私のセカセカ、イガイガ、モヤモヤした気持ちが変わるの??

  はいそれが変わるんです・・・。不思議ですね。

私もなぜだかわかりません。
でも日常に取り入れてとても役に立っています。

バッチフラワーレメディはフラワーエッセンスとも呼ばれ、
英国生まれの医師エドワード・バッチ博士が開発した植物療法です。

本やウェブ上でこのシステムの使い方や歴史は公開されていて、
誰でも簡単に使えます。

それなのに?それゆえか?

この優れたシステムはシンプル過ぎて目立ちません!!!

でも、これを知っていれば、必ずと言っていいほど、いざという時に役立ちます。

長きにわたる人生の様々な場面を乗り越える際に、縁の下の力持ちとしてサポートしてくれます。
このワークショップでは、知識ばかりでなく、実際的に感情を見る練習をします。

自分にあったレメディを選んで作る実習とお土産ありです!

お申込みはお早めに。 (お茶会付です。)
日時:7月26日(日)13:00~17:00
講師:安田ヨウコ

場所:GYREサロン 
(レインボーラボの近くです。最寄駅:大井町線荏原町)
受講料金:8,000円(教材・お茶代込)
お申込・問合せは info@gyre.jpn.com
または 090-4700-2700 (GYRE はやみ)!
バッチフラワーレメディ一日ワークショップを行います!
からだとこころを楽にするレインボーラボの安田ヨウコです。

桜が一斉に咲いて、ネット上にも桜の画像がたくさん!

私も真似して一枚。吉祥寺のお寺の桜です。
よく見るとソメイヨシノではないみたいですね。
なんという桜かな?

さて、GYREセラピースクール 春のイベントが近づいてきました。
GYREはアロマセラピー、ヒプノセラピー、クリスタルヒーリング、超感覚、占星術など、ちょっと不思議で目に見えないものを目に見えるように扱う「技」を学ぶ面白いスクールで、私自身にとっても新しい世界です。私はこちらのスクールで、アレクサンダーテクニークを使ってからだの感覚を含めた自分のあり方のクラス担当しています。

GYREイベントでは、講師のみなさんとゲストと、卒業生の方のセラピストの方がそれぞれのブースでセッションをします。

私は今回、レインボーラボのオリジナルセッション、
じゃじゃーん 「美人顔ラボ」体験版をしますよ。
(これはアレクサンダーテクニークではありません)

どんなことをするかというと、
横たわっていただき20分ほど軽くお顔に触れます。するとお顔が動きます。
モニターの方は、終わった後、みなさん自分のお顔を鏡で見て「ええ!?」となりました。
次の日ショーウィンドウをみて「ええ!?」となった人もいます。
無意識の最前線で働くあなたのお顔に安らぎを・・・。
そんなセッションとなっています。


毎回人気のこのイベントですが、各セッションには、事前予約枠がありますので、何時に来て受けたい!と決めている方はぜひご予約を。当日でも受付可能ですが、混雑具合がわからないので予約が確実です。
美人顔ラボの予約はレインボーラボのお問合せメールか、GYREの事務局(infogyre@gmail.com)まで、お名前と、ご希望のお時間を記入してメールで申込みください。
(なお、予約されても、お時間に多少のずれが出る場合があることをご了承ください)

そうそう、「顔」のセッションと言えば、
最近GYREの講師でKinoさんがクリスタルと光を使ったお顔のセッション「セイクリットビューティ」を始められて、こちらもおすすめです。私も受けたい!
ちょっとまえ、お互いに顔のセッションを始めようと考えていた時にお話していて、「やはり顔ですかね」「ええ、なんか「顔」ですよね、今」と意見が合いました。

話はとつぜん飛びますが、ドラクエとかファイナルファンタジーとか、冒険型のロールプレイングゲームをしたことありますか??

私は初期のファミコン時代に少しやったことあるんですけれど、
たいてい、主人公がどこかの国からどこかの国へ旅をしながら、謎を解き、敵と戦いつつ冒険するゲームなんです。

主人公は旅の仲間を連れていて、仲間は魔術師だったり、女の子だったり、剣士だったり、体の大きなレスラーだったりする。それぞれに似合う恰好をして、それぞれに得意な技をもっていて、初めは弱いけれども、戦いながら技を磨いていきます。

弓矢とか、剣とか、魔法とか、得意な技を使って経験値をアップしていき、よりたくましく強く成長していきます。

で、昔のゲームでは、素手で戦うキャラというのがいまして(今はどうなのかしらないけど)道具はあまりもたず、経験値が上がると、動きが素早くなったりチョップが強くなったりするんですよね。道具も魔法もがないから地味なキャラなんです。

で、ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
GYREにおいては、講師は魔術師が多いんですが、その中で私は素手で戦うキャラだなーとイメージしております。

ぜひイベントにいらして、さまざまな魔術師の技や、素手の技をおたのしみください。
そして、きれいになって、すっきりして、未来に向けて気持ち良くGO!







4月19日(日)自由ヶ丘 春のGYREイベントで美人顔ラボ