[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

ラボですることのコアを確認していくと、どんどん理想がふくらんでいってしまいます。
そこで、ふと立ち止まって考えること。
自分は何かを切り捨てていないかな?ってこと。

「おなかが空いて苦しんでいる人に、釣竿を渡すより、パンを与えなさい」

という言葉を昔どこかでききました。
私はどちらかというと釣竿を渡すことを常に考えているタイプです。
もちろん、パンをもっていたらパンも一緒に食べるかもしれないけど。笑

だから、「癒し系」ではないなって思います。

私の経験では、
自分が困った時にほんとにたくさんの人にサポートしてもらいました。
そのお陰で今があります。

けれども、いたいほど感じるのは、
どんなに周りの人によくしてもらっても、
ほんとうに自分を助けられるのは自分なんです。

そして、自分を助けるというのは、人を助けるよりもずっとずっと小さなこと。
小さな決心や、今ここでの気持の切り替えだと思います。

それができなくて、できなくて、苦しくて、長い間もがいては周りを傷つけてきた
というのが私の今までの経験の中に色濃くあるので、

私は「自分で自分を助ける」という小さなアイデアを、
それが必要な方と共有したいと考えています。

では、今の私が完璧に自分を助けていて、平和的に暮らしているか
というと、もちろん、それは怪しいですけど・・・。

でも、忘れたら、思い出せばいいと思っているんです。
私はいつも、死ぬまで「私」と一緒にいるのですから。

みなさんはいかがですか?
自分の事大事にしていますか?



小さなことがなかなかね・・・

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: