[340]  [338]  [337]  [336]  [345]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

からだとこころを楽にするレインボーラボの安田ヨウコです。私も一枚噛んでいる(そんなのばっかりですが)ワークショップのご報告です!

-----

今週祝日の月曜は「ダンス編!知って実験!アレクサンダーテクニーク」のワークショップでした。

今回はフラメンコとバレエの方が参加!

最後のアクティビティでは、実際に躍る状況で実験し、

ピルエットがあらっ!?回れる!?って感じになって
→自分がまわる邪魔をしている何かに気づいたり、

左右の違いが気になっていた人が、
→左右の違いに集中することから離れて、大きな全体の繋がりに気づいたら解決の糸口につながったり、

肩が痛かった人は、
→痛いときにどんなことをしているかを観察したらヒントが!!

そして、お腹を引き上げたところでステップしたかった人は、
→引き上げようとすることで、要らないことをしていたことに気づき光明が!

という感じでした。

ここでは、さも問題解決!って感じに書きましたが、それは分かりやすく目に見える結果であって、できるかできないかはあまり注目しすぎなくてよいのです。

アレクサンダーテクニークが関わるのは、結果までのプロセスのところ。そのアプローチは本や文を読むよりご体験いただくのがベストだとおもいます。(*^^*)

結果として、上記のようなことがわりとよく起こります。起こらなくても、それまでの邪魔を減らすことはできるのです。

☆☆☆

ワークショップは、大木亜紗子のイントロセッションからはじまり、河口志保のナビゲートで、


アレクサンダーの紹介、
日常の動作や、気持ちと動きの観察、
ハンズオンワークで開いた感覚でいる実験

などを経て、

体全体の感じ、

頭と脊椎の感じ、

バーを使った軸感や足の感じなどなど、

時にじっくり、

時にたのしく賑やかに、

動きや、感覚や、自分を感じる体感を探求しました。

このワークショップは何が出るかわからない面白さがあって、みなさんそれぞれの「自分の中の発見」を大事にします。ダンス編だけど歌を歌った人もいました。

ナビゲーターの我々にも、毎回よい刺激と気づきがあって、

教えるというスタンスでなく、一緒に発見していくプロセスをいつも楽しみにしています。

ぜひ一度、(もちろん何度でも)お試しください。

知って実験!アレクサンダーテクニーク事務局一同

- - - - -





ダンス編!知って実験!アレクサンダーテクニーク

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS