[333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

募集開始!2015年1月31日、2月1日開催「ダンス編!知って実験!アレクサンダーテクニーク」第二弾!
++++++++++
第一回「ダンスやボディワークを教える人のためのアレクサンダーテクニーク」の報告です!

今回の参加者はピラティス、バレエ、タンゴの先生と生徒でした。
このワークショップは、「教える人」に常々ある疑問や課題、そして希望をひも解き、
お互いに教えあう、学びあうことを通じて、普段教えているときにはあまり注目していない「ユース」(自分の使い方)に気付き、先生が自分自身を変えると、レッスンにどのような影響があるかを実験しました。

うわー、すごい長い文章になってしまった!くどくど説明するより、みなさんの感想をご紹介するほうがよさそうです。以下、参加者の方のフィードバックです。

★改めて、効率がいいということはどういうことかを考えてみようと思います。
 (一つ一つのステップを急がず、たっぷり味わうことが後の進歩を加速するかも!?)

★非常に思うところの多いワークショップでした。体全体を含めるということは案外難しい。
 (体全体を含めるということが、アレクサンダーテクニークが提供できる協力なツールです!)

★自分がニュートラルにいるということが大事だと感じた。先生の緊張感が生徒に伝わるってことがわかった。生徒たちが楽しんでできるといいと思う。
 (ニュートラルでいるということも、アレクサンダーテクニークで学べる大事なことです)

★どのレッスンも初めてで楽しかった。先生のあり方でクラスの空気感が変わることがわかった。教える内容ではなくて、あり方なんだと思った。
 (アレクサンダーテクニークは、あり方のワークとも言われます)

★つい相手にガッ!と言いたくなるけれども、何かを伝えるには手順が必要だと身に染みました。

★教える立場としてアレクサンダーのワークを受けたのは初めてで、自分のあり方が大事だと強く思った。生徒からどのように見えているか聞くチャンスは稀有。この機会は貴重でした。
自分の流れを崩したくないけれども、その効果はどうなのかわからない。

★習慣にとらわれないということは、いろいろな意味で大事だと思った。自分を感じて、生徒も感じるというのは難しいけれども、母業にも使えることだと思った。

ということで、次回の開催はこちら↓
ゲストにてあて整体院でアレクサンダー教師の荒木靖博さんをフューチャーしました!(使い方あってる?)


1月31日(土)17:00-20:00


『ダンスやボディーワークを教える人のためのアレクサンダーテクニーク』


ダンスなどの動きや技術を、クライアントや生徒に
「教える」「伝える」ためのアプローチを実験します。参加者のみなさんの現場の疑問や課題をアレクサンダーテクニークの観点を使って考えてみませんか。


・役に立つ実感解剖学 


・効果的なキューイング(声掛け/指示出し) 


・ケガをさせない教え方 


・「生徒をなんとかしたい!」と思う時の対策 


【対象】バレエやフラメンコなどのダンス、ピラティス等ボディワークの先生やインストラクター 


【参加費】4,500円(定員:12名) 


 ★終了後、焼き鳥屋にて交流会あり! 


【お申込はこちらのフォームから!


 


ナビゲーター:河口志保、安田ヨウコ
ゲスト:荒木靖博

---☆---☆---☆---☆---
志保バレエボディコンディショニングスタジオのアレクサンダーテクニーク
☆グループレッスン(安田ヨウコ)隔週火曜 10:30~11:30、隔週水曜19:00~19:30(~20:00バーレッスン)
☆志保バレエでの個人レッスン(河口志保まで)

アレクサンダーテクニーク仲間のてあて整体院あら木さんもダンスのためのアレクサンダーワークショップしますよ。

安田ヨウコのレッスン情報はこちらから
---☆---☆---☆---☆---

ブルース・ファートマン先生の関東でのワークショップが始まります。




知って実験!アレクサンダーテクニーク 1月31日(日)教える人のためのワークショップ

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS