[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

プロフィール

HN:
安田ヨウコ
性別:
非公開
職業:
アレクサンダー・テクニーク教師
趣味:
アレクサンダー・テクニーク
自己紹介:
レインボーラボの安田ヨウコです。
アレクサンダー・テクニークのレッスンや、バッチフラワーのセッションなどを通じて、セルフプライマリーケアを提案しています。

カテゴリー

最新記事

リンク

RSS

P R

バーコード

ブログ内検索

ブログは久しぶり!レインボーラボの安田ヨウコです。(現在、元気に病気療養中!そのことはまた書きます)

先週、2018年2月19日、サイレントウェイの師匠のアラード房子さんが他界されました。


不思議と悲しみに暮れることにはなっておらず、今、ふさこさんの魂と一緒にいるような気持ちでいるのです。私が人生で最も大きな影響を受けた方。誰にも「先生」と呼ばせなかったふさこさんですが、私は長い間「先生」と呼んでしつこがられました。(ここ数年はふさこさんと呼ばせていただいていました。)

思い出の一つ一つに深い意味があったことを今はゆっくりハートで受け取っていこうと思っています。

サイレントウェイとその理論であるガテーニョ・アプローチのことを書くのは大変!
だからほとんど書いたことがないのです。
(アレクサンダーテクニークのことも大変!だけどまだこちらのほうが書いている。)

今、ちょっと大きな病気を経験して、私がガテーニョを学んでいなかったらたぶん生きていないんじゃないかと思うほど、ふさこさんと出会い、サイレントウェイとその理論を学んできたことが私の生の支えになっていると実感しています。


サイレントウェイとガテーニョに本格的に興味を持ったのは、1993年頃にふさこさんの日本語教師養成講座を受けてから。その時のことを、2011年にカレブ・ガテーニョ博士の生誕百周年の記念誌に掲載してもらいました。掲載は英語だったので(英語版のリンク)、日本語バージョンをここにアップします。

---

私がサイレントウェイやガテーニョ・アプローチを知った頃、既にガテーニョ博士は亡くなっていた。私はアラード房子氏や、ロズリン・ヤング博士から、「ガテーニョ先生はこう言った」という話を聞きながら学び、博士の面影を想像するしかないのであるが、博士の関わってきた人たちと出会うたびに、博士の残してくれた人間の教育は今も伝わっていると感じる。

 私がはじめてサイレントウェイという言葉を知ったのは、20代半ば、1993年ごろだった。当時、日本でサイレントウェイの普及と教育の中心にあったThe Center(語学文化協会)のアラード房子氏が東京で日本語教師養成講座を開催した折に、この講座を受講した。その何日間かのワークショップで、私の人生の方向がはっきりと変わっていったのだということが今よくわかる。

アラード氏のワークショップで話題となることは、どれも人間に関わる大きな「問い」であり、すぐに飛びつけるような安易な答えはなかった。それは日本語教師養成講座であるのに、内容は日本語教育をはるかに超えて興味深く、わくわくするものだった。「学ぶとはどういうことか。私は何でできているか。何をどのように学んできたか。」等、こういうことこそ、知りたかったと気づいた。アラード氏は「世界は未知にあふれている。知っていることはほんの少しだ。ガテーニョは未知を既知におとしめるなと言った。」とおっしゃった。ガテーニョ博士の理論は謎であり衝撃でもあった。たとえば「眠りの中でどんな仕事をしたか。」という質問によって、人生の約1/3を占める眠りがどれほど大切であるかに目を開かされた。寝てばかりいる赤ん坊と自分に必要な眠りは同じシステムの延長上にあるのに気付いた。

 人間の捉え方が徐々にすっかり変わっていった。それが言語の学習とどんな関係があるのかは分からないまま、よく言うところの「マッチを探していて火山に当たったような」体験だった。
「学ぶ」ということは人間の「存在」に関わるものだということを学んだのだ。

 私は大学を卒業するまで勉強は卒なくこなしてきたと思う。しかし、ガテーニョ・アプローチを学び始めたら、辻褄合わせのような勉強がハリボテのように思えてきた。

 その後、理論を実際に体験するにはサイレントウェイの語学のクラスを受けることが一番というアドヴァイスを受けてJohn Beary氏による英語のワークショップを受けた。教師がほんとうにサイレントであること、そして、周りの人たちや自分が、チャートによっていつの間にか自然に英語らしい音を発するようになっていく過程に驚愕した。普段の「思考」が部分的で小さな能力であることを実感したと同時に、自分に備わっている「気づく」という偉大な力に感服した。頭で考える以外にもたくさんの機能を自分=人間が持ち、利用できるのだということが実感できた。このような学びが起こるのは、言語という限られたスキルにおいてのみでなく、生徒のあり方全体に教師が関わっているからなのだということも感じられた。 

そのワークショップでの忘れえぬ出来事。私は前置詞の”at”を含むべき文章を述べていたが、どうしても”at”という言葉が出て来なかった。自分の発している文章と並んでいるロッズだけの世界で、見たものを一つ一つ言葉にしていった。先生はロッズの端のところを力強く指さして私を促したが、ロッズの端を見て”the end”という言葉しか浮かばなかった。しかし、先生はますます力強くロッズの端を指さして私を促す。お手上げになってロッズの端と先生の指先の間の空間を見つめていた。すると、そこに”at”という言葉が目に見えるように浮かんだ。

 この体験で、それまで私の中にあった偏見「英語の前置詞はどこで使うかルールを暗記するもの」が、崩れ去り、言葉というのは一つ一つほんとうの意味があるのだ。という誠に当然なことを知ることになった。このことは、その後の語学学習や、日本語を教える時にも大きく影響を与え続けている。

 このころからワークショップにできるだけ参加するようになった。個人的な人生にはさまざまな問題もあったが、ガテーニョ・アプローチがどれだけ助けになったか分からない。アラード氏が日本に呼んだロズリン・ヤング博士と学ぶ5年間は大きなプロセスだった。ヤング博士によって、私たちはガテーニョの理論を頭の中だけでなく、自分全体で使うことを学んだ。「赤ん坊の時のことなど覚えていないし、実感がわかない」とヤング博士に言ったことがある。しかし、学び続けて行くうちに自分が「赤ん坊の宇宙」の延長上にいるということを、新たに確かに実感できるようになった。

未知の道具、すなわち「自分を観察する」という道具をどのように使うことができるか。それはその道具を使いながら磨くというプロセスだった。飽くなき探求のワークショップの間、フラストレーションを爆発させたり、アホなことを言って先生を困らせたりもしたが、それは、「自分という実験室」を働かせる練習であり実験だったのだと今思う。

 ガテーニョ・アプローチを使うということは、自分自身を現実的に使うことだと思う。そのために「自分という実験室」を働かせる。そのために自己観察をする。無意識にある「こうであるべき」という思い込みを打ち砕くことができる。そして学習という人間の本来持つ機能を信頼できるようになる。すると、私は新しい未来に向けて常に自分が新しく更新されていくことを受け入れられる。この世に存在し始めたころからずっと継続している学びのルーツが自分にはある。
私は自立しており、常に一瞬一瞬新しい未来と出会っている。こんな自由があるだろうか。ガテーニョ・アプローチによって、私は現実世界に密着しつつ、自由であることの可能性を実感することができたと思う。

ヤング博士のワークショップでビッグバンから現在までの時間を一時間の縮尺に変換するという実習をしたが、計算機を使って何千何万という数字を計算することで「時間」にも触れることができた。Here and Nowを体験から学ぶことで、無限の時間を自分の経験に変えて生きている自分に気づくことができた。人間が純粋な学ぶシステムとして、どのような未来にも立ち向かっていくことができる力強い存在だと思えた。人が変わることができる存在であること、変わらずにはいられない存在であることに気づくことができた時、えもいわれぬ自由を感じた。この自由こそガテーニョ博士が私に教えてくれたものだ。

この度、このGattegno collective memoirを書きながら感じたことであるが、ガテーニョ博士が生まれて100年たった今、博士に会ったことのない私の中にも、こうしてまるで祖父のように博士は生きているのである。

 
安田ヨウコ YOKO YASUDA
1967年東京生まれ。「サイレントウェイ東京」スタッフ。「からだとこころを楽にするレインボーラボ」主宰
1993年ごろ日本語教師養成学校でサイレントウェイに出会う。アラード房子に師事。荻野紀子、品田潤子と共に営む「サイレントウェイ東京」でサイレントウェイやガテーニョ・アプローチのワークショップを主催するほか、サイレントウェイで日本語を教える。また、心身の調和した使い方を学ぶアレクサンダー・テクニークの教師でもある。Subordination of teaching to learningの考えを使って日々学び、教えている


サイレントウェイとガテーニョ博士のこと
★アレクサンダーテクニークは100年も前に発見されたワークです。人間の構造にあった機能的な動き、そして、自由な思考に伴った自然な動きを呼び覚ます汎用的なテクニックです★ 
​ 
好評のシリーズです。アレクサンダーテクニークを体感してみませんか! 
今回は体験ワークショップとグループレッスンの二本立てです! 


+++++++++++++++++++++++ 
​ 
日常生活や、仕事や、趣味(なんでも)、子育て、運動、そういったことすべてに使える魔法の道具はなんでしょう? 
​ 
それはあなたの体や心、あなた自身の存在です。 
​  - 「がんばるだけじゃない」アプローチ 
​  - 「やりすぎをやめていく」アプローチ 
​ を使って、自分の知らなかった心身の楽さや、動きの軽やかな質を思い出し、 新しい目で自分を捉えなおしてみませんか? 
それは、誰かから教わることではなく、自分で自分を再発見していくことから始まります。 
​ 
「知って実験!アレクサンダーテクニーク」のワークショップでは、 ナビゲーターがアレクサンダーテクニークをご紹介し、 「いらないことをやめる」プロセスを実験してみることで、 日々の動作を通じて、みなさんが自分自身という素晴らしい道具を発見するお手伝いをします。 
​ 
<こんな人におすすめです> 
肩こりや腰痛の人、同じ姿勢をしていて疲れてしまう方 

ダンスやスポーツなどで体をうまく使いたい方 
​ 
物や人を扱うお仕事の方 
​ 
音楽や演劇のパフォーマーの方 
​ 
子育てや介護など家族の面倒を見ている方 
​ 
もっと自分を見つめて知りたい!自分を活かしたい方 
​ 
今までいろいろなことをためしてみたけれど、なんだかしっくりこないという方(特におすすめ) 
​ 
アレクサンダーテクニークを知りたい方 
​ 
<体験ワークショップ> 
東京レッスン.com掲載の特別ワークショップです! 
(リンク:http://www.tokyolesson.com/spn/detail/index_1258.html) 

アレクサンダーテクニークってなに?という初めての方を対象としています。 
ほんの少しの意識の違いでご自分のからだの感覚や使い方が変化することをご体験いただけます。またからだの意識が変わることで自分というすばらしい存在を新鮮に体感できます。 
教師が軽く触れたり、参加者同士で感覚をシェアしながらゲームなども交えて楽しく「自分」を学びます。運動ではありません。 
限られた枠ですのでお早めにお申込ください。 

そのあとのグループレッスンとセットで受講するとお得です。 
​ 
<グループレッスン> 
アレンダーテクニークは継続的に学ぶことで身に付きます。 
ワークショップを体験したことがある方や、個人レッスンを受けたことがある方にお勧めの実践的なレッスンです。(初めて受講する方は体験ワークショップを受けてからご参加することをお勧めします。) 

日時: 
2017年2月11日(土) 
A)体験ワークショップ 13:00-15:00 
B)グループレッスン 15:30-18:30 休憩あり 
​ 
定員:体験ワークショップ 8名 / グループレッスン10名 

料金: 
A)体験ワークショップ 3,000円  
A+B)体験ワークショップ+グループレッスン 6,000円 
B)グループレッスンのみ 4,000円 
 *学割(高校3年生まで) 半額 

場所:志保バレエボディコンディショニングスタジオ 
   東急田園都市線 鷺沼駅徒歩2分 
   http://www.shihoballet.jp/price.html 
​ 
持ち物など: 
 動きやすい普段着でどうぞ。 
 スタジオの床はダンス専用床です。冷えが気になる場合は厚手の靴下や中履きなどご準備ください。 
 お茶とお菓子を準備していますので休憩時間にどうぞ♪ 

ナビゲーター 

:安田ヨウコ 日本アレクサンダーテクニーク協会会員、ATI認定アレクサンダーテクニーク教師 からだとこころを楽にするレインボーラボ主宰 アレクサンダーアライアンスジャパン東京校出身  

:河口志保 
志保バレエボディコンディショニングスクール主宰 アレクサンダーアライアンスジャパン東京校出身 ATI認定アレクサンダー教師 東京シティバレエ特別団員(同バレエ団にてJr.バレエ講師)、ピラティス、ジャイロトニック、ジャイロキネシス 認定トレーナー 

:大木亜紗子 

アレクサンダーアライアンスジャパン東京校卒業アレクサンダーテクニーク教師。大学サークルでフラメンコに出会い、東京、大阪、ニューヨーク、スペインで様々な先生に師事。現在、会社勤務の傍ら、アレクサンダーテクニークを広める活動中。​ 


詳細、お申し込みはこちらから


知って実験!アレクサンダーテクニーク事務局一同


2月11日 知って実験!アレクサンダーテクニーク「体験ワークショップ&グループレッスン」

【体験レッスンのお知らせ】

「アレクサンダーテクニーク体験レッスン&個人レッスン」はたくさんの方にご来訪いただき、少しずつアレクサンダーテクニークをご紹介できよい日となりました!ご来訪ありがとうございました。


★★★1月21日(土)にも体験レッスンを行います★★★
お申込&詳細はこちらのリンクから ↓
http://kokucheese.com/event/index/444263/
今回は、時間が短めなので、お早めにお申込ください。
(同日、通常の個人レッスン、ペアで受けたいなどのご希望がございましたらメッセージでお知らせくだされば対応いたします。)



★★★
また、体験レッスン参加者の方で、同日お時間の余裕がある方にご案内です。


1月21日の15時から、同じ場所で「アレクサンダーテクニーク東京スクール」の教師養成クラスがあり、ワークの生徒役をしてくださる方を募集しています。時間は1時間くらいです。
あ、勧誘とか、全くしませんので、ご安心を!
トレイニーとはいえとてもいい手を持っているみなさんです。
この機会に、お時間に余裕のある方はいかがでしょう?
アレクサンダーって不思議。どうやって先生になるの?というのを見学したいという方はもちろんです。
ご参加は当日決めてくださってもかまいません。


お待ちしています!

1月21日リーズナブルな体験レッスンのお知らせ

レインボーラボより 謹んで新春のお喜びを申し上げます。


昨年中はお世話になりありがとうございました!


今年もよろしくお願い申し上げます!

---------------------------------------------------------------------------------------

昨年末から新春にかけて、レインボーラボのFacebookページに連載中のコラムです!


アレクサンダーテクニークなどのこと、2月に東京でワークショップをするブルース・ファートマンについてご紹介します。



【ブルース・キャンペーン-1】


ブルース・キャンペーンとは何か!!!!!
【2017年2月初頭、東京に来る個性的なアレクサンダーテクニーク教師ブルース・ファートマン。安田ヨウコがブルースを宣伝するんでしょ?と思いきや、そうではなくて、ヨウコのつぶやきにブルースを「ちりばめる」というキャンペーン企画】


------------
さて、足ですよ。


週に1回、1時間とすこしだけ、バレエを習い始めました。
バレエの生徒さんにアレクサンダーテクニークを教えているので、バレエってどういうからだの使い方なのか?という素朴な疑問から。


これが毎週3-4回通っていたら、おそらく来年はトウシューズで舞台に立っているはずの私だと思っています。(わははは。先生はこれ読んでないでしょうから何でも言えます。わははは。)


周りの生徒さんがどんどんバレエチックになっていくのをチラ見しながら、私の興味はどんどん深まって踊らなくてもからだの感覚や動きを味わうので満腹的な感じになってきました。(先生ごめんなさい)


そんな、方向がずれた私ですが、バーレッスンの一つ一つを、足首回しからすごーく丁寧にやっていくと、足がまっすぐになってきました!!!!


恰好などは、あまり気にしない私ですが、ちょいとうれしい。
このまっすぐになっていくという過程は、自分の習慣的な筋肉の使い方を解いていき、そもそもの通り道にエネルギーが通るようにするというものだと理解しました。


足首回し(足をぐるぐる回す)一つにしても、
ただ動かすのではなくて、その先のアンデオール(見た目つま先が外を向いた状態。それに足とからだ全体が調和しつつ長く伸びた状態。バレエの基本的な使い方)につながっていくような、


普段の日常生活では気にしないようなところまで意図をもって動かします。
すると、それだけでも、足の自由さが、ひざ下や大腿や、股関節によっていかに邪魔されているかということがわかります。


上の方の、力強いところが割合的に小さな足部の邪魔をやめていくと、不思議なことに足の微妙な動きが体幹(背骨の方)にダイレクトにつながっていき、


足回してるだけなのに、体がぽかぽかしてなんだかしゅっとしてくる。


いやー、文章で書くと長いですね。
まあ、そういうことで、足部が、レッグ(脚の上の方)によって、制限され、自由を失っていることがとてもよくわかるのです。


で、ブルースですよ。
ブルースのワークショップを私が初めて受けたのは、もう15年くらいかな?昔になります。


アレクサンダーテクニークの先生の石坪佐季子さんの個人レッスンを何年か受けて、教師になろうと決意して、じゃあ、先生の先生がワークショップをやるからというので、受けてみました。


その時、ブルースがどんなことをしていたか、はっきり記憶していないのですが、
なぜか、足のことをたくさん教えてくれたんですね。


みんなが歩くところをすごく研究していました。


何してるのかな?


というのが、その時の感想でした。
ぼさっと立って、当然のように「止まる」ということをしている生徒の足に
ブルースが地面に四つん這いになって触れていました、
足の感覚なんて、当時はすごく遠くの辺境の地、というような感覚しかありませんでした。


しかし、あれ?という間に、私の足は自然に歩きだしています。


思えば、それはとても象徴的なことでした。


ぽさっと当然のように「一生懸命に止まって」生きていて、
ブルースが足に触れて、おや?という感覚があって、「歩きだした。」ということ。


ブルースのワークって、そういう感じかもしれない。
アレクサンダーテクニークの先生はいろいろな方がいて、それぞれのアプローチが多少違っていて、そこが面白いと思う。小さなことを積み重ねて体の中も心の中も変わっていくというのもある。


ブルースでは、あ、わたし、変われるんだ?
と、目の前の景色がぱっと変わるようなことが起きた。


自分が生きる為に、自分で立つために、当たり前にしている努力を、
ふっと、外すことで見えてくるもの。


そして、それがあったら、自然に歩みだすことができる。


もちろん、聖人ではないですし、(ここでいうことか?)
すごーく人間臭い人です。(マイケル・ジャクソンを音痴に歌っていました)


だけど、ブルースは、当たり前のすごいことに気づく、
そんな贈り物をしてくれました。


足の自由を思うにつけ、そのことを思い出しました。


いい写真をもらったのでそれと共に。


--------------
☆ブルースのワークショップ 


2/4 一般向けワークショップ(どなたでもどうぞ)
http://kokucheese.com/event/index/445204/


2/5 トレイニー・教師向け(どんなスタイルの方でもどうぞ)
http://kokucheese.com/event/index/445573/


2/1,2,3 個人レッスン
http://kokucheese.com/event/index/445393/

-
-------------
安田ヨウコと仲間たちのレッスン


☆1/21 アレクサンダーテクニークの手軽な体験レッスン
http://kokucheese.com/event/index/444263/


☆2/11 知って実験!アレクサンダーテクニーク
体験ワークショップ&グループレッスン
http://kokucheese.com/event/index/445280/


2月ブルースが来ます!—ブルース・キャンペーン-1
本年中は大変お世話になりありがとうございました。
どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。

今年は
エフエム江戸川さんに出演させていただき、ラジオでアレクサンダーテクニークについてお話させていただきました。
また、レインボーラボのFacebookページを公開しました。
ブログも連動して書いていくつもりでいます。
来年は、体験レッスン、知って実験!アレクサンダーテクニーク、そして
師匠の師匠に当たるブルース・ファートマンのワークショップと続きます!
どこかでお会いできることを楽しみにしています。
2017年が皆様にとって良い年となるように祈っています!

レインボーラボ主宰 安田ヨウコ
年末ですね~